Last-modified: 2017-10-17 (火) 19:13:10 (62d)

【ダブルアクション】(だぶるあくしょん)

Double action.

拳銃の射撃方式の一つで、撃鉄が寝ている状態で引き金を引くと、これに連動して撃鉄が起こされ、その後、再度落ちて弾を発射するもの。
引き金を引くことで2つの動作が起こることからこう呼ぶ。

回転式拳銃の場合、シングルアクションだと1回の射撃ごとに撃鉄を手で引き起こす必要があり、面倒だったために発明された。
これにより、回転式拳銃でも半自動式拳銃に近い連射をすることができるようになった。
半自動式拳銃でも、「抜き放ちざまの最初の一発」を撃つタイムラグが無いため、突発的な状況で有効とされる。

一方、撃鉄が連動するため引き金を絞る力が大きくなり、結果、銃口を下げようとする力(フリンチング。日本語では「ガク引き」という)が働き易く、命中精度を保つには慣熟訓練が必要とされる。
このため、ダブルアクションが可能な銃であってもシングルアクションの軽いトリガーで射撃する場合もあり、ダブルアクションとシングルアクションを任意に切り替えられる「コンベンショナル・ダブル・アクション」という機能を備えた半自動式拳銃も多い。

引き金を引くのに力が要るため、引き金に軽く触れて誤射するのを防ぐ効果もある。
近年では、半自動式拳銃でも安全性を考慮してダブルアクションを採用するものが多い。

関連:コックアンドロック デコッキング


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS