Last-modified: 2019-06-10 (月) 21:24:55 (184d)

【タランタル】(たらんたる)

1976年にソ連で開発された大型ミサイル艇
ソ連での名称は1241号計画「モールニヤ*1」型大型ミサイル艇で1番艇の名称からR-5級大型ミサイル艇(РКА типа Р-5)とも呼ばれる。
NATOコードのタランタルとはロシア語でタランチュラを意味する。

I型、II型、III型とバリエーションが分けられており、主武装や電子装備が異なる。
初期のI型1979年から翌年にかけて2隻が建造され、その後電子装備が異なるII型が1981年から1986年にかけて19隻が建造された。
現在はロシア本国向けのIII型が建造されている。
III型にはI型・II型に搭載されていた対艦ミサイルをSS-N-2(P-15・P-15M「テルミート」)からSS-N-22?(3M80「モスキート」)対艦ミサイルに換装し、また、CODAG機関を採用したため航続距離が向上している。

2005年現在、ロシア海軍ではI型・II型・III型を23隻を保有し、ブルガリア、ポーランド、ウクライナ、インドなどにも輸出が行われている。

スペックデータ

艦種大型ミサイル艇
主造船所TsMKB「アルマース」・レニングラート造船工場(1241型/12411T型/12411型)
スレドネ=ネーフスキイ造船工場(12411T型/1241.7型/12411型)
ハバローフスク造船工場(12411T型/12411型)
NPO「ヴィーンペル」・ルィービンスク造船工場(1242.1/1241RE型)
ヤロスラーヴリ造船工場(1241RE型)
排水量
基準/満載
436t/493t
全長56.1m
全幅10.2m
喫水4.36m
機関M-510 2倍膨張式ガスタービン×2基(巡航用)
M-70ガスタービン×2基(ブースト用)
推進器スクリュープロペラ×2軸
機関出力10,000hp(巡航用)
24,000hp(ブースト用)
電源ディーゼル発電機×3基(200kWt)
速力
(最大/巡航)
41.0kn/13kn
航続距離2,400浬/13kn
450浬/36kn
行動期間10日間
乗員41名
SSMKT-138E P-15/P-20「テルミート2」SSM 連装発射筒×2基
KT-152M 3M80「モスキート」SSM 連装発射機×2基
3M24E「ウラーンE」SSM 4連装発射機×4基(1241.8/8ME型)
主砲AK-176M 76mm単装両用砲×1基(弾数314発)
オート・メラーラ 62口径76mm単装速射砲×1基(1241.8ME型)
SAM9K38「イグラ」個艦防空用SAM発射機×1基(弾体16発)
9K310「イグラ-1」個艦防空用SAM発射機×1基(1241.8/8ME型)
9K32M「ストレラ-2M」個艦防空用SAM発射機×1基(1241.8ME型*2
ロケット弾BM-14-17 17連装140mmロケット弾発射機×4基(MAK-160(R-160))
CIWS「パラーシ」複合CIWS×1基(R-60)
3M87「コールチク」複合CIWS(R-71(1241.7型))
対潜装備RBU-1200「ウラガーン」5連装対潜ロケット発射機×2基(1241.2P型)
固定式400mm魚雷単装発射管×4基(SET-40対潜魚雷を装備)(1241.2P型)
533mm魚雷連装発射管×2基(1241.2PE型)
(53-65KE対潜魚雷、SET-65E対潜魚雷を装備)
爆雷(1241.2P型)
対空/対水上レーダー「ランゴウート」(1241/41R型)
「グラーヴィイM」(1241.1型(初期型))
34K1「モノリート」*3×1基(1241.1型(後期型)以降)
「ガルプーンE」(1241RE型)
「ガルプーン・バールE」(1241.8ME型)
「ミウース」・「レーイト」(1241.2P型)
MR-352「ポジチーフE」(1241.2PE/.8ME型)
誘導/射撃管制レーダーMR-405(ミサイル誘導用)×1基
MR-123「ヴィーンペル」×1基
「ヴィーンペルAM」(1241.2P型)
BEL リンクス・BEL アルパナ(1241.8ME型)
航法レーダー「ドン」×1基
「キヴァーチ2」or「ペチョーラ1」(1241RE型)
「ペチョーラ」(1241.2P型)
IFF「ニフロームRR」(1241RE型)
ソナーMGK-345「ブローンザ」(1241.2P型)
電子戦装備「ヴィーンペルR2」電子戦対抗装置×1基
PK-10チャフフレア発射装置×2基


各艦スペック
タイプ1241.1T型1241.7型12411型1241RE型1241.8型
基準排水量395t/386t*4435t436t385tN/A
満載排水量465t/457t*5495t493t455t560t
全長56.1m
全幅10.2m10.6m
喫水2.1m4.36m2.3m2.2m2.6m
機関COGAGCODAGCOGAG
エンジンM-75ガスタービン×2
M-70ガスタービン×2
M-510ディーゼル×2
M-75ガスタービン×2
M-75ガスタービン×2
M-70ガスタービン×2
出力16,000hp28,450hp
電源150kWt450kWt300kWt500kWt
速力42kn41kn43kn35kn
航続距離1,800mi/13kn
1,600mi/14kn
2400mi/14kn*6
1,600mi/20kn2,400mi/13kn
450mi/36kn
220mi/14kn2,000mi/20kn
400mi/36kn
乗員39名41名40名37名76名
SSMP-15M「テルミート2」3M80「モスキート」P-20「テルミート2」3M24「ウラーン」
SAMMTU-43M87「コールチク」MTU-4
主砲AK-176M 76mm単装砲オート・メラーラ
76mm単装砲
CIWSAK-630M3M87「コールチク」AK-630M
レーダー34K1「モノリート」
MR-405*7
MR-123
「ヴィーンペル」
「ドン」
34K1「モノリート」
「ポジチーフ」
MR-123「ヴィーンペル」
「ドン」
34K1「モノリート」
MR-405
MR-123
「ヴィーンペル」
「ドン」
「ガルプーンE」
「キヴァーリ2」
または
「ペチョーラ1」
IFF
「ニフロームRR」
「ポジチーフE」
「ガルプーン・バールE」
「BEL リンクス」
「BEL アパルナ」
電子戦装備「ヴィーンペルR2」
デコイ発射機PK-16PK-10PK-16PK-10

主なバリエーション

  • 1241型・1241R型:
    1241号計画「モールニヤ1」と呼ばれる型。「R」はミサイル艇の意味。
    NATOコードでは「タランタルI型」と呼ばれた。
    レーダーは「ランゴウート」水上捜索レーダーを搭載する。
    1隻のみが建造された。

  • 1241.1型・12411T型・1241RE型:
    COGAG機関とP-15M「テルミート2」艦対艦ミサイルを搭載する1241型直系の発展型として設計された型。
    1241号と同じく「モールニヤ1」と呼ばれる他、1番艦の名称から「キーロフスキイ・コムソモーレツ」級大型ミサイル艇とも呼ばれる。
    NATOコードでは「タランタルII型」と呼ばれた。
    武装は1241型と同一であるが、レーダーや射撃管制装置などの電子装備は一新されており、レーダーは34K1「モノリート」水上捜索レーダーが搭載された。
    また、新たにAK-630M 6砲身CIWS2基が搭載されている。
    「T」はこの艦が搭載するP-15M「テルミート」対艦ミサイルの事を指す。

    1241RE号計画「モールニヤ」型は輸出型でレーダーなどが変更されている。
    NATOコードでは「タランタルI型」に分類される。
    変更点としては搭載レーダーを34K1「モノリート」水上捜索レーダーからマトカ型?に搭載されている「ガルプーンE」水上策敵レーダーに変更したほか、MR-123「ヴィンペル」射撃管制レーダーや「キヴァーチ2」または「ぺチョーラ1」航法レーダー、「ニフロームRR」敵味方識別装置が搭載された。
    主武装には、艦対艦ミサイルをP-15の輸出型であるP-20「テルミート2」を搭載している。
    最終的に1241.1型は13隻、1241RE型は25隻が建造された。
    インド海軍では1241RE型を「ヴィール」級ミサイルコルベットとして採用している。

  • 12411型・1241.1M型:
    1241.1型の姉妹型として設計された型。
    12411号計画「モールニヤM」型と呼ばれるほか、1番艇の名称からR-46級大型ミサイル艇(РКА типа Р-46)とも呼ばれる。
    「M」は搭載ミサイルの3M80「モスキート」の事を指す。
    NATOコードでは「タランタルIII型」と呼ばれ、M型と合わせて36隻が建造された。
    この型では、搭載対艦ミサイルをP-15「テルミート」から3M80「モスキート」に変更したほか、1241.1型では見送られたディーゼル・ガスタービン混載機関(CODAG)が搭載された事が最大の特徴。
    バリエーションにKT-152M 3M80「モスキート」対艦ミサイル発射機と23K1「モノリート」レーダーコンプレックスを撤去し、BM-14-17 17連装140mmロケット弾発射機 4基を搭載し、小型砲艦に改装されたMAK-160型やAK-630を「コールチク」に代わる新しい近接防空システム「パラーシ」1基に換装したR-60型がある。

  • 1241.2P・1241.2E型:
    1241.2P号計画「モールニヤ2」型小型対潜艦と呼ばれる型。
    NATOコードでは、ロシア語で「蜘蛛」を意味する「パウーク(Паук)」という単語から考案した「Pauk-I」と呼ばれた。
    電子装備にはMGK-345「ブローンザ」ソナー、「ミウース」「レーイト」対空・水上捜索レーダー、MR-123「ヴィーンペルAM」射撃管制レーダー、「ペチョーラ」航法レーダー、「ヴィーンペルR2」電子戦システムを搭載している。
    武装を対潜装備に変更し、RGB-12対潜ロケット弾を使用するRBU-1200「ウラガーン」5連装対潜ロケット発射機2基と固定式400mm単装魚雷発射管4基(SET-40対潜魚雷を装備)を搭載する。
    8隻が建造され、そのうちブルガリアとウクライナに各2隻が輸出された。
    この輸出型は1241.2E号計画型と呼ばれて区別されている。

  • 1241.2型:
    1241.2号計画「モールニヤ2」型国境警備艦と呼ばれる、ロシア国境軍?が運用する国境警備艦(巡視船)。
    NATOコードは1241.2型と同じく「Pauk-I」と呼ばれる。
    基本装備については1241.2P型と同様である。
    205P号計画型国境警備艦の代替として21隻が建造された。

  • 1241.2PE・1241PE型:
    1241.2PE号計画型あるいは1241PE号計画型と呼ばれる、1241.2P型小型対潜艦の輸出型として開発された型。
    NATOコードでは「Pauk-II」と呼ばれる。
    魚雷発射管を400mm単装魚雷発射管4基から533mm連装魚雷発射管2基(53-65KE対潜魚雷、SET-65E対潜魚雷を搭載)に換装しているほか、対空・対水上レーダーに1241.7型や141.8型大型ミサイル艇に搭載されたものと同様のMR-352「ポジチーフE」対空・対水上レーダーが搭載されている。
    なお、1990年から1991年にかけて3隻がイラク向けに起工したが、イラクに対する国際的な禁輸措置から納入は見送られ、このうちの2隻がロシア本国で運用されることとなり1241.2PE号計画型国境警備艦として運用されているほか、インドに「アブハイ」級対潜コルベットとして4隻、キューバに1隻が輸出されている。

  • 1241.7型:
    1241.1号計画を元に立案された型。R-71の1隻のみが建造された。
    NATOコードでは「タランタルII改」と呼ばれる。
    防空システムをAK-630Mから3M87「コールチク」複合CIWSに換装された事が特徴である。
    1992年からはコールチクは量産型に換装されたが、現在は対空兵装を全て取り外された状態になっているが現役である。

  • 1241.8型・1241.8ME型:
    1241.1型のさらなる発展型として立案された型。
    NATOコードでは「タランタルIV改」と呼ばれる。
    艇の構成全体には変更は加えられていないが、新しくKh-35空対艦ミサイルの派生型として開発された3M24E「ウラーンE」艦対艦ミサイルを搭載したため、4連装4基16門のミサイル発射機は1241.1型とは配置が異なる。
    対空兵装としては9K310「イグラー1」艦対空ミサイルとAK-630Mを搭載し、レーダーはMR-352「ポジチーフE」対空・水上捜索レーダーを主檣上に搭載している。
    冷戦終結の影響で計画は事実上中止されたが、インド向けに1241.8ME型として復活することになった。
    2隻がインドで建造され、主砲にはイタリア・オートブレーダ/オート・メラーラ製62口径76mm単装速射砲が搭載され、対空ミサイルは9K32M「ストレラー2M」を搭載、レーダーにはMR-352「ポジチーフE」、「ガルプーン・バールE」、「BEL リンクス」射撃管制レーダーが搭載している。
    4隻が建造される予定である。

  • 1241.9型:
    12411型の派生型で、1241.9号計画「モールニヤ」型大型ミサイル艇と呼ばれる型。
    1981年から1995年にかけて13隻が建造された。
    動力機関がディーゼル・ガスタービン混載機関(CODAG)から純ディーゼルに変更されている。

  • 1242.1型:
    1242.1号計画「モールニヤ」型大型ミサイル艇と呼ばれる、1241.8型同様、1241.1型の発展型として計画された型。
    諸装備は、1241.8型に準ずるが対艦ミサイルは12411型同様3M80E「モスキート」対艦ミサイルを搭載している。
    R-5の1隻のみが建造された。

同型艦

1241型
艦名別称起工竣工除籍
R-5カリニングラーツキイ・コムソモーレツ*8
(Калининградский комсомолец)
1975.1979.1.302002.4.10


12411T型
艦名別称起工竣工除籍備考
R-255キーロフスキイ・コムソモーレツ*9
(Кировский комсомолец)
1976.1980.12.302002.4.10
R-256ポルターフスキイ・コムソモーレツ
(Полтавский комсомолец)
-1982.1989.ブルガリア海軍
へ譲渡
R-6-1983.12.302002.4.10
R-54クラスノダールスキイ・コムソモーレツ
(Краснодарский комсомолец)
1981.04.211984.02.031997.08.12ウクライナ海軍
へ譲渡
R-63クーイブィシェフスキイ
・コムソモーレツ
(Куйбышевский комсомолец)
1981.11.091985.10.061997.08.12
R-101ストゥピネツ
(Ступинец)
1982.06.271985.09.30カスピ小艦隊
に所属
R-129クズネツク
(Кузнец)
1983.02.031985.12.28
R-2571983.05.031986.10.31
R-421983.3.302001.5.3
R-451983.12.261995.8.4
R-691980.1984.9.301995.8.4
R-791980.1984.12.19


1241.7型
艦名別称起工竣工除籍備考
R-711981.12.081985.10.06黒海艦隊に所属


12411型
艦名別称起工竣工除籍備考
R-461981.12.291994.12.17
R-47タンボーフスキイ・コムソモーレツ
(Тамбовский комсомолец)
1983.06.221987.12.13ロシア海軍時代に
R-47に戻る
R-60ブーリャ
(Буря)
1985.10.121987.12.12
R-160

MAK-160
ポルターフスキイ
・コムソモーレツ*10
(Полтавский комсомолец)
1986.2.271988.8.8小型砲艦に改装
R-187ザレチヌイ
(Заречный)
1986.7.181989.3.4
R-239グロァザ
(Гроза)
1987.10.51989.9.21
R-334イヴァノヴェツ
(Ивановец)
1988.01.041989.12.30
R-1091989.07.241990.10.20
R-291ディミトロフグラード
(Димитровград)
1989.07.251991.05.30
R-293モルシャンスク
(Моршанск)
1991.04.301992.03.23
R-21991.1999.
R-661985.5.311995.8.4
R-851985.9.301998.3.16
R-1031985.5.311998.3.16
R-1131985.12.301997.7.17
R-1581986.10.301996.7.31
R-761986.12.301996.7.31
R-831986.12.302001.5.3
R-2291987.9.302002.4.10
R-2301987.12.301997.7.17
R-2401988.10.302002.4.10
R-2611988.12.31
R-2711989.9.52005.6.22
R-4421989.12.162005.6.22
R-2971990.9.
R-2981990.12.
R-111991.9.
R-141991.12.
R-181992.9.
R-191992.12.
R-201989.1993.12.
R-241989.1994.
R-291992.2003.9.24


1242.1型
艦名別称起工竣工除籍備考
R-51994.1.272000.5.23R-32に改称


1241RE型
艦名別称起工竣工除籍備考
R-261981.3.302002.4.10ソ連海軍へ納入
R-**1983.12.28ポーランド海軍へ売却
R-**1984.3.31
R-**1984.ドイツ人民海軍へ売却
R-**1985.
R-**1986.
R-**1986.
R-**1986.
R-**1987.インド海軍へ売却
R-**1988.
R-**1988.
R-**1988.
R-**1988.1.13ポーランド海軍へ売却
R-**1989.2.4
R-**1990.
R-**1990.
R-**1990.
R-**1990.イエメン海軍へ売却
R-**ベトナム人民海軍へ売却
R-**
R-**1999.
R-**1999.
R-6001990.イラク海軍へ売却中止
ルーマニア海軍へ引き渡し
R-6011991.ルーマニア海軍へ引き渡し
R-6021991.


ブルガリア海軍
(1241.1号計画「ムールニヤ」型大型ミサイル艇)
艦番号艦名編入備考
No.101ムールニヤ
(Мълния)
1989.元R-256「ポルターフスキイ・コムソモーレツ」
(1241.1型)
No.13レーシテルニ
(Решителни)
1989.MPK-146(1241.2E)
No.14ボードリ
(Бодри)
1992.MPK-147(1241.2E型)


ポーランド海軍
(1241RE号計画「モウニヤ」型ミサイル艦)
艦番号艦名引渡し除籍備考
435グルニク
(Górnik)
1983.12.282002.解体
436フトニク
(Hutnik)
1984.03.312005.解体
437メタロヴィェツ
(Metalowiec)
1989.01.132013.12.3
438ロルニク
(Rolnik)
1989.2.42013.12.3


ウクライナ海軍
(12411T号計画「ブルィスカーウカ」型ミサイルコルベット/1241.2P型対潜コルベット)
艦番号艦名起工竣工編入備考
U155プルィドニプローヴィヤ
(Придніпров'я)
1981.4.211984.2.31997.8.12旧称R-54
(12411T型)
U156クレメンチューク
(Кременчук)
1981.11.91985.10.61997.8.12旧称R-63
(12411T型)
予備役
U207ウージュホロド
(Ужгород)
1981.5.51982.12.251997.8.12MPK-93
(1241.2P型)
予備役
U208フメリヌィーツィクィ
(Хмельницький)
1983.10.201985.9.91997.8.12MPK-116
(1241.2P型)
予備役


ウクライナ海上警備隊(1241.2型海上警備艦)
艦番号艦名起工竣工ソ連時代の名称
BG50フルィホーリイ・クロピヤートヌィコウ
(Григорій Куроп’ятников)
グリゴーリイ・クロピャートニコフ
(Григорий Куропятников)
BG51ポルターヴァ
(Полтава)
PSKR-813
BG52フルィホーリイ・フナテーンコ
(Григорій Гнатенко)
PSKR-815


ドイツ人民海軍(1241RÄ型対艦ミサイルコルベット)
艦番号艦名引渡し除籍備考
571アルビン・ケービス
(Albin Köbis)
1984.10.311990.10.3解体
572ルードルフ・エーゲルホーファー
(Rudolf Egelhofer)
1985.10.161990.10.3ドイツ海軍へ移籍
573フリッツ・グロビク
(Fritz Globig)
1985.10.51990.10.3解体
574パウル・アイゼンシュナイダー
(Paul Eisenschneider)
1986.12.21990.10.3解体
575ハンス・バイムラー
(Hans Beimler)
1986.10.281990.10.3ペーネミュンデで保存


ドイツ連邦海軍(621型ミサイルコルベット)
艦番号艦名竣工除籍備考
R6166ヒデンゼー
(Hiddensee)
1985.10.161991.4.調査のためアメリカに引渡し
(1996.10.除籍、保存艦となる)


インド海軍
1241計画型ミサイルコルベット/ヴィール級ミサイルコルベット
艦番号艦名引渡し備考
K40ヴィール
(Veer)
1987.3.261241RE型
K41ニルブヒク
(Nirbhik)
1987.12.211241RE型
K42ニパト
(Nipat)
1988.12.51241RE型
K43ニシャンク
(Nishank)
1989.9.121241RE型
K44ニルガト
(Nirghat)
1989.12.151241RE型
K45ヴィブフティ
(Vibhuti)
1991.7.312411E型
マザゴン船渠株式会社(MDL)で竣工
K46ヴィプル
(Vipul)
1992.3.1612411E型
マザゴン船渠株式会社(MDL)で竣工
K47ヴィナシュ
(Vinash)
1993.11.2012411E型
ゴア造船所株式会社(GSL)で竣工
K48ヴィデュト
(Vidyut)
1995.1.1612411E型
ゴア造船所株式会社(GSL)で竣工
K83ナシャク
(Nashak)
1996.12.2912411E型
マザゴン船渠株式会社(MDL)で竣工
K98プラハル
(Prahar)
1997.3.112411E型
ゴア造船所株式会社(GSL)で竣工
2006.4.22 海上事故で喪失
K91プララヤ
(Prabal)
2002.12.181241.8ME型
マザゴン船渠株式会社(MDL)で就役
K92プラバル
(Pralaya)
2002.4.111241.8ME型
マザゴン船渠株式会社(MDL)で就役
1241PE計画型対潜コルベット/アバイ級対潜コルベット
艦番号艦名引渡し備考
P33アブハイ
(Abhay)
1989.3.101241.2PE型
P34アジャイ
(Ajay)
1990.1.241241.2PE型
P35アクシャイ
(Akshay)
1990.12.101241.2PE型
P36アグライ
(Agray)
1991.1.301241.2PE型
2017.1.27 除籍


ルーマニア海軍(ズボルル級)
艦番号艦名引渡し備考
188ズボルル
(Zborul)
1992.旧R-600
(1241RE型)
189ペスカルーシュル
(Pescăruşul)
1992.12.旧R-601
(1241RE型)
190ラストゥーヌル
(Lăstunul)
1992.12.旧R-602
(1241RE型)


ベトナム海軍
艦名引渡し備考
HQ3711994.10.旧称R-69
(1241RE型)
HQ3721994.10.旧称R-104
(1241RE型)
HQ3731999.8.1241RE型
HQ3741999.8.1241RE型


イエメン海軍
艦名引渡し備考
第971号挺1990.7.121241RE型
第976号挺1991.1.151241RE型



*1 Молния:ロシア語で稲妻の意。
*2 インド建造分。
*3 ミサイル管制・照準にも使用される。
*4 CODAG搭載艇。
*5 CODAG搭載艇。
*6 CODAG搭載艇。
*7 後期型のみ。
*8 ロシア海軍時代にR-49「ボーロフスク」と改称。
*9 ロシア海軍時代にR-255に戻る。
*10 小型砲艦改装後にゴォメルィ(Гомель)に改称。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS