Last-modified: 2018-03-05 (月) 18:21:38 (280d)

【タイガー(巡洋戦艦)】(たいがー(じゅんようせんかん))

イギリス海軍の巡洋戦艦。1914年就役。同型艦はない。
当初は「ライオン」級巡洋戦艦の4番艦として計画されたが、設計変更されて就役した。

機関配置が船体中央部に集中した事により、ライオン級において2番・3番砲塔により射界が狭められていた3番砲塔が真後ろに射撃が可能となり、後方火力が倍増した。

第一次世界大戦に参戦した後、ロンドン海軍軍縮条約により廃棄となり、1932年スクラップとして売却された。

スペックデータ

主造船所ジョン・ブラウン社クライドバンク造船所
起工1912.7.
進水1913.
就役1914.10.
退役1931.
その後1932.にスクラップとして売却
排水量
基準/満載
28,800t/33,677t
全長214.6m
全幅27.6m
吃水8.7m
推進方式蒸気タービン方式
主缶バブコック・アンド・ウィルコックス式石炭・重油混焼水管缶×39基
主機ブラウン・カーチス式直結タービン(高速型・低速型二軸並列型)×2組
スクリュープロペラ×4軸
最大出力85,000hp
最大速力28.0ノット/28.7ノット(公試時)
航続距離4,600海里/12ノット
4,650海里/25ノット
燃料
(満載時)
石炭:3,300t
重油:3,450t
乗員1,109〜1,200名
兵装Mark.5 45口径34.3cm連装砲×4基
Mark.7 45口径15.2cm単装速射砲×12基
Mark.1 45口径7.62cm単装高角砲×2基
オチキス QF 43口径4.7cm機砲×4基
53.3cm単装水中魚雷発射管×4基
装甲舷側:229mm(機関区のみ)、152mm(主砲弾薬庫)、152mm(舷側上部)、
76mm〜102mm〜127mm(艦首尾部)、102mm(前後隔壁)
甲板:25mm(主甲板)、51mm(弾薬庫)
砲塔:229mm(前盾)、229mm(側盾)、203mm(後盾)、82mm(天蓋傾斜部)、
64mm(天蓋平坦部)
主砲バーベット:229mm(甲板上部)、102mm(上甲板)、102〜76mm(甲板下部)
副砲ケースメイト:127〜152mm
司令塔:254mm(側盾)、76mm(天蓋)



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS