Last-modified: 2020-08-08 (土) 10:58:08 (1d)

【タイガー(軽巡洋艦)】(たいがー(けいじゅんようかん))

イギリス海軍の軽巡洋艦
姉妹艦に「シュパーブ」「ライオン*1」「ブレーク*2」があった。
当初「スウィフトシュア*3」級の一艦「ベレロフォン」として建造されていた艦を改名したものである。

基本設計はスウィフトシュア級をベースにしているが、船体幅はやや広げられた。
また、機関構成はフィジー級以降の物を踏襲している。

進水が第二次世界大戦終結後となったため建造中断されていたが、1955年に防空巡洋艦として再発注され、1959年就役。
1968年にヘリコプター巡洋艦に改装されるが、1978年に除籍、スクラップとして売却された。

スペックデータ

要目軽巡洋艦防空巡洋艦ヘリコプター巡洋艦
基準排水量-9,550t-
満載排水量11,560t11,700t12,080t
全長169.31m
全幅19.51m
喫水6.43m7.0m
推進方式蒸気タービン推進
主缶アドミラリティ式重油専焼三胴型水管缶×4缶
主機関パーソンズ式ギヤード・タービン×4基
可変ピッチ・プロペラ×4軸
出力80,000hp
最大速力31.5ノット
燃料重油:1,940t(満載)
航続距離8,000海里/16ノット
4,000海里/20ノット
2,000海里/30ノット
乗員867名716名885名
兵装Mk.将将
50口径15.2cm3連装砲
×2基
QF Mk.将
45口径10.2cm連装砲
×5基
ヴィッカース QF 2ポンド砲
ポンポン砲?
×18門
3連装533mm魚雷発射管
×2基
QF Mark.N5
50口径152mm連装両用砲
×2基
Mk.6
70口径76mm連装両用砲
×3基
QF Mark.N5
50口径152mm連装両用砲×1基
Mk.6
70口径76mm連装両用砲×1基
GWS-21「シーキャット」PDMS
4連装発射機×2基
艦載機-対潜哨戒ヘリコプター×4機
ウェセックスHAS1/3
シーキングHAS.1/2
装甲舷側:83〜89mm(水線面主装甲)、38〜63.8mm(水線末端部)、89mm(弾薬庫側面)
甲板:38〜51mm(水平面)
砲塔:51mm(前盾)、25mm(側盾)
レーダー-960型早期警戒用965M型早期警戒用
992Q型目標捕捉用
277Q型高角測定用278型高角測定用
903型砲射撃指揮用×5基903型砲射撃指揮用×4基
ソナー-174型中距離捜索用
176型パッシブ捜索用
185型海中電話


同型艦

艦番号艦名主建造所起工進水就役退役
25シュパーブ
(HMS Superb)
スワン・
ハンター
1942.6.231943.8.311945.11.161960.8.8
C20タイガー
(HMS Tiger)
ジョン・
ブラウン
1941.10.11945.10.251959.3.181978.4.20
C34ライオン
(HMS Lion)
スコッツ
(進水まで)
スワン・
ハンター
(艤装)
1942.6.221944.9.21960.7.201972.12.
C99ブレーク
(HMS Blake)
フェア
フィールド
1942.8.171945.12.201961.3.81979.12.



*1 旧艦名「ディフェンス」。
*2 旧艦名「タイガー」。なお、同艦は2020年現在、英国海軍で最後の「巡洋艦」でもある(1982年除籍)。
*3 1番艦から「マイノーター」級とも。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS