Last-modified: 2016-01-26 (火) 18:37:29 (602d)

【セミオート】(せみおーと)

semi automatic(セミ・オートマチック).

銃火器におけるメカニズムの一種。「半自動式」とも。
発射以外の全ての操作が機械的に自動化されており、引き金を引くだけで弾切れまで撃ち続ける事ができる。
発射だけは手動操作が必要。一発撃つ度に引き金を押し込んだ指を戻し、もう一度引き金を引くと次弾が発射される。

引き金を引き続けた状態でいても次の弾丸が発射される事はない。
発射まで自動化され、引き金を引いていると連続で発射され続けるものは「フルオート」として区別される。
なお、フルオートとして設計された火器の多くは、設定を変更してセミオートで一発ずつ撃てるように作られている。

フルオートに比べて時間あたりの投射弾量に劣るが、反動が少ないため命中精度を高めやすい。
また、じっくり狙う事で銃弾の浪費や誤射を防ぐ他、装薬消費量が少なく冷却期間を置けるため銃の寿命も長くなる。

関連:半自動式拳銃

遮断器

セミオートの銃の内部構造は、フルオートの場合よりも複雑である。
セミオートの機構は、フルオート方式での発射を一発ごとに遮断する事で実現されているからだ。
引き金を引くと内蔵された遮断器が内部機構を停止させ、引き金を離すと機構が接ぎ直されて再発射可能となる。

従って、この遮断器を取り除くなり無効化するなりすればセミオートの銃でもフルオートで発射できるようになる。
フルオートの銃は多くの国家・地域で禁制品であり、その場合は既製の銃をフルオートに改造するのも違法改造である。
このため、工場出荷時点でフルオート射撃不能な銃も、違法改造の難易度が低ければ禁制品に指定される場合がある。

関連:AR-180


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS