Last-modified: 2020-08-16 (日) 19:18:38 (43d)

【スターストリーク】(すたーすとりーく)

Starstreak HVM*1
イギリス陸軍の近距離防空用地対空ミサイル
ショーツ・ミサイルシステムズ開発、製造はタレス?が担当している。
これまで使用してきたジャベリン?の後継として開発され、1997年から配備が開始された。

誘導方式はレーザービームライディング式の半自動指令照準線一致誘導。
弾頭の構造は特徴的で、タングステン合金を使用した「ダーツ」と呼ばれる子弾が3本搭載されており、2段目のTITUSブースターによってM3.5まで加速した後に放出される。
この弾頭は強力な運動エネルギー弾として威力を発揮するうえ、高性能炸薬も積まれており、ボフォース40mm機関砲弾(40mm×364R)に匹敵する威力を有する。

発射機は、可搬式の3連装発射機(LML*2)と、アルビス・ストーマー装甲車に搭載した自走式発射機(SP HVM)、携行式発射機(2000年より)が配備されている。

スペックデータ

全長1.397m/396mm(ダーツ)
直径12.7cm/22mm(ダーツ)
重量16.82kg/900kg(ダーツ)
推進方式2段式固体燃料ロケットモーター
弾頭小弾頭3本(キネティック?/HE)(0.9kg)
信管直撃・遅延
有効射程0.3〜7km
速度マッハ3.5(2段目燃焼時)
誘導方式レーザービームライディング式SACLOS


配備国

  • イギリス
  • 南アフリカ
  • タイ
  • インドネシア
  • マレーシア

バリエーション

  • ATASK*3
    空対空ミサイル型。
    AH-64用にアメリカ軍も検討したが、配備には至っていない。

  • 軽量マルチプルランチャー(LML):
    可搬式の3連装発射機。
    ランドローバーやHMMWV、URO VAMTACに搭載可能。

  • シーストリーク:
    艦対空ミサイル型。
    6連装発射機型と24連装のCIWS型の2つのバージョンが提案されている。

  • SP HVM(ストーマーHVM):
    アルビス・ストーマー装甲車に搭載した自走式発射機型。
    8連装発射機を搭載。予備弾として8発のミサイルを搭載可能。

  • スターストリーク・アベンジャー:
    1990年代初頭にアメリカ軍の要件に合わせて開発された型。
    4連装発射機の一つをスターストリークに置き換えてFCSを換装している。

  • スターストリーク供
    射程・射高を延伸し、誘導装置を改良した型。

  • THOR / Multi Mission System(MMS):
    4連装発射機をピンツガウアー(Pinzgauer)6×6クロスカントリーシャーシに取り付けた型。


*1 High Velocity Missile
*2 Lightweight Multiple Launcher(軽量マルチプルランチャー)の意。
*3 Air To Air Starstreak.

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS