Last-modified: 2022-09-09 (金) 17:19:18 (28d)

【スーパーチャージャー】(すーぱーちゃーじゃー)

Super Charger.

レシプロエンジンにおける過給装置のひとつ。
機械式過給器とも呼ばれる。

広義には過給器全般の総称として用いられる場合もある。

レシプロエンジンの回転時に発生するトルクを利用して圧縮ポンプを駆動し、吸気を圧縮して燃焼室に送り込む装置。
燃焼室に入る酸素量を増やす事で出力を向上させる。

ターボチャージャーに比べてスロットル操作への応答が早く、過給圧やタイミングを制御しやすい反面、エンジントルクを利用するため出力にロスがあり、特に低気圧な高高度環境では効率が悪い。
加えて、機構が複雑で重量がかさむ。

近年は技術進歩でターボチャージャーが改良され上記の利点が薄くなったため、需要は喪われつつある。

航空機においては主に遠心式のものが、空気密度の低い高高度においてもエンジンが十分な性能を発揮可能とすることを目的に、第二次世界大戦頃のレシプロ航空機の多くに装備されていた。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS