Last-modified: 2015-08-12 (水) 15:02:46 (739d)

【シングルローター】(しんぐるろーたー)

回転翼機における設計思想の一つ。メインローターを一組のみ装備する形式。
シコルスキー社の設立者・イゴール・シコルスキーの発明による。

メインローターを1枚のみに抑える事で重量と抗力増大を抑え、機体の軽量化に寄与する。
一方、ローターは基本的に1枚のみでバランスを取る事が困難なため、以下のような工夫が施される。

テイルローター
メインローターの回転に伴う反作用トルクで、機体をスピンさせる力が働く。
シングルローターでない機体は2枚(または4枚)のローターを互い違いに回転させて反作用を相殺する。
シングルローター機ではこれが不可能なため、尾部に小さなテイルローターを取り付けて反作用を打ち消す。
ローターピッチの調整
高速回転するローターにおいては、しばしばブレードの左右で対気速度に差異が生じる。
これによって傾いた揚力を補正しなければ、ロールを起こしてまっすぐに飛べなくなる。
複数のローターがあれば例によって互い違いに回転させて傾きを相殺できる。
シングルローターの場合、対気速度が早い側のピッチを浅く、遅い側を深くする機構で揚力を補正する。

関連:タンデムローター


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS