Last-modified: 2012-07-27 (金) 05:39:17 (1732d)

【サリン】(さりん)

Sarin

1938年にドイツで開発された有機リン系化合物。極めて重篤な作用を持つ神経毒である。
化学物質としての正式名称は「イソプロピルメタンフルオロホスホネート」。
サリンという名称は開発者4名の名に由来している*1

もともと1902年には合成に成功していたが、毒性についてはあまり知られていなかった。
第二次世界大戦時、ドイツ軍は7000tのサリンを貯蔵していたが、戦争やテロリズムに投入される事はなかった。

宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッペルスなど、ナチ党高官は戦地でのサリン投入に前向きだった。
しかし総統ヒトラーは自身の戦争経験*2から部下の進言を無視したという。

一方、同じ頃のアメリカ軍でもサリンは貯蔵されており、1945年秋に計画されていた日本本土侵攻作戦「ダウンフォール作戦」で使用する計画があったという。

毒性

呼吸および皮膚接触によって吸収され、その後約1分で症状が現れる。
ガスマスクだけでは防護できず、全身をNBC防護装備で覆っていなければ阻止できない。
症状はおおむね以下の通り。死亡例の大半は呼吸停止が原因である。

軽症食欲不振、胸部の圧迫感、発汗、唾液分泌過多、吐き気、嘔吐、下痢、倦怠感、不安感、頭痛、めまい
中等症上記に加えて、視力減退、瞳孔の収縮、顔面蒼白、筋線維性痙縮、血圧上昇、不整脈*3、言語障害、興奮、錯乱
重症上記に加えて、失禁、肺水腫、呼吸筋麻痺、意識混濁、昏睡、全身痙攣、体温上昇

テロ

サリンは日本において新興宗教団体「オウム真理教」によるテロリズムに使われた。
同組織は教団施設内でサリンを製造し、警察の捜査を混乱させる事のみを目的としてこれを使用した。

松本サリン事件(1994年)
紛争以外で、初めて一般市民に対して化学兵器が使われたテロ事件。
死亡者8名(2010年現在)、重軽傷者660人
地下鉄サリン事件(1995年)
都市の民間人を標的とする世界初の毒ガステロ事件。
日本の社会だけではなく世界にも衝撃を与えた。
死亡者13名(2010年現在)、負傷者6300人。

*1 Schrader、Ambros、Rudriger、Van der LINde。
*2 ヒトラーは第一次世界大戦へ従軍した際に毒ガス攻撃を受け、脳・神経・目などに一過性の障害を負っていた。
*3 一般的成人では毎分50〜70回ある心拍が毎分30〜40回程度に鈍化する。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS