Last-modified: 2020-07-13 (月) 22:43:10 (106d)

【サイパンの戦い】(さいぱんのたたかい)

戦闘概要
戦争太平洋戦争(大東亜戦争)
年月日1944年6月15日〜7月9日
場所マリアナ諸島、サイパン
結果アメリカ軍の勝利
戦力日本軍31,629人
アメリカ軍66,179人
損害日本軍戦死25,000人、自決5,000人、捕虜921人
アメリカ軍戦死3,500人、戦傷13,160人

1944年(昭和19年)6月15日から7月9日にかけて行われた日本軍アメリカ軍によるサイパン島での戦闘である。

6月15日に、アメリカ軍によるサイパン島上陸攻撃が開始され、ホランド・スミス中将率いるアメリカ軍第2海兵師団、第4海兵師団、第27歩兵師団が斉藤義次中将率いる日本軍第43師団を破り、日本軍のほとんどが戦死する激戦の末に、アメリカ軍は7月9日にサイパン島を占領した。

またサイパン攻防戦の一環として6月19日から20日に、「マリアナ沖海戦」が生起し、日本軍は太平洋水域の制海権を喪失する。

サイパン島の陥落により、アメリカ軍に日本本土空襲の基地を与えたことにより、東条英機内閣は総辞職した。

参加兵力

日本陸軍

  • 第31軍司令部
  • 第43師団:司令部253名
    • 歩兵第118連隊:兵員1,033名(海上輸送中に連隊長以下2,240名が海没しその残存部隊))
    • 歩兵第135連隊:兵員3,295名
    • 歩兵第136連隊:兵員4,055名
    • 師団直轄部隊(通信・輜重・野戦病院・庶務):合計3,667名
  • 独立混成第47旅団:兵員1,470名
  • 第9派遣隊:兵員1,555名
  • 戦車第9連隊:兵員990名
  • 高射砲第25連隊:兵員1,117名
  • 独立山砲第3連隊:兵員978名
    • 独立工兵第7連隊:兵員775名
    • 歩兵第40連隊第3大隊:兵員618名
    • 歩兵第15連隊(一部):兵員610名
    • 歩兵第150連隊牛山隊:兵員700名
    • 独立臼砲第14大隊:兵員649名
    • 独立臼砲第17大隊:兵員634名
    • 野戦機関砲第44中隊:兵員105名
      • 独立自動車第264中隊:兵員181名
      • 独立自動車第278中隊:兵員187名
      • 独立戦車第3.4中隊:兵員174名
      • 他島部隊よりの派遣:合計556名

  • 米軍上陸時での陸軍戦闘部隊 合計24,875名
  • 陸軍航空関係人員:合計1,285名
  • 陸軍船舶関係人員:合計1.375名

日本海軍

  • 中部太平洋方面艦隊:司令部要員502名
  • 第5根拠地隊(合計456名)
    • 第五通信隊(兵員369名)
  • 第55警備隊(兵員2,000名)
  • 横須賀第一特別陸戦隊(兵員800名)
  • その他艦隊関係人員、海軍航空隊関係人員、設営隊等
    米軍上陸時での海軍部隊:合計6,160名

アメリカ軍

  • 陸上部隊
    • 統合遠征軍 第51任務部隊
    • 上陸軍総司令部
      • 軍直轄砲兵部隊:2,682名
      • 軍直轄高射砲部隊:949名
    • 第2海兵師団:兵員22,702名
      • 第2海兵連隊
      • 第6海兵連隊
      • 第8海兵連隊
      • 第10海兵連隊
      • 第18海兵連隊
      • 師団戦車隊
      • 師団砲兵(155mm野砲
    • 第4海兵師団:兵員21,618名
      • 第23海兵連隊
      • 第24海兵連隊
      • 第25海兵連隊
      • 第14海兵連隊
      • 第20海兵連隊
      • 師団戦車隊
      • 師団砲兵(155mm野砲)
    • 第27歩兵師団:兵員16,404名
      • 第105歩兵連隊
      • 第106歩兵連隊
      • 第165歩兵連隊
      • 第104野砲大隊
      • 第105野砲大隊
      • 第106野砲大隊
      • 第249野砲大隊
      • 第295戦車大隊
      • 第766戦車大隊
  • 海軍

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS