Last-modified: 2020-07-11 (土) 10:51:13 (27d)

【コロンビア】(ころんびあ)

Colombia.

アメリカ合衆国の古名もしくは雅称(原義)。
命名はアメリカ大陸を「発見」したとされる探検家のクリストファー・コロンブスに由来する。

そのことから、アメリカ海軍艦艇アメリカ航空宇宙局宇宙船の名称として幾度か用いられた。

装甲艦

CSS/USS Colombia.
1860年代、アメリカ連合国海軍が建造し、アメリカ合衆国海軍で使用された装甲艦。
1865年2月、モールトリー要塞の近くで座礁していたところを北軍(アメリカ海軍)に鹵獲され、ヴァージニア州ハンプトン・ローズの乾ドックに入るが、間もなく除籍。
1867年に船体は売却された。

防護巡洋艦

USS Colombia(C-12/CA-16).

1890年代に建造された防護巡洋艦
姉妹艦に「ミネアポリス」がある。

第一次世界大戦にも参戦したが、終戦後まもなく除籍、スクラップとして売却された。

スペックデータ
主造船所クランプ造船所
起工1890.12.30
進水1892.7.26
就役1894.4.23
退役1919.8.21
その後1921.11.17「オールド・コロンビア」に改名
1922.1.26 スクラップとして売却
排水量7,468t(標準)/8,403t(全負荷)
全長125.91m
水線長125.45m
全幅17.73m
喫水6.88m
主缶スコッチボイラー×10缶(ダブルエンド式×8缶、シングルエンド式×2缶)
主機垂直三段式膨張ピストンエンジン×2基
推進器スクリュープロペラ×2基
出力21,000ihp(16,000kW)
速力23ノット
22.80ノット(公試時)
乗員士官、兵員383名
兵装Mark.5 40口径8インチ(200mm)砲×1基
Mark.4 40口径6インチ(150mm)砲×2基
40口径4インチ(100mm)砲×8基
QF 6ポンド(57mm)礼砲×12基
QF 1ポンド(37mm)砲×4基
ガトリング砲×4基
14インチ(356mm)魚雷発射管×4基
兵装
(1914年)
Mark.10 45口径6インチ(150mm)砲×3基
40口径4インチ(102mm)砲×8基
QF 6ポンド(57mm)礼砲×2基
兵装
(1920年)
Mark.10 45口径6インチ(150mm)砲×3基
40口径4インチ(102mm)砲×8基
50口径3インチ(76mm)対空砲×2基
QF 3ポンド(47mm)礼砲×2基
装甲甲板:100mm(傾斜部)/64mm(平坦部)
司令塔:130mm
シールド:100mm


軽巡洋艦

USS Colombia(CL-56).

1940年代、クリーブランド級軽巡洋艦の2番艦として建造された艦。
太平洋戦域に送られ、ガダルカナル島の戦いをはじめとして幾度かの戦闘に従事した後、1946年に退役。
船体はモスボールされた後、1959年にスクラップとして売却された。

スペックデータ
主造船所ニューヨーク造船所
起工1940.8.18
進水1941.12.17
就役1942.7.29
退役1946.11.30
除籍1959.3.1
その後1959.2.18 スクラップとして売却
排水量
基準/満載
11,932t/14,358t
全長185.95m
水線長185m
全幅20.22m
喫水7.77m(通常)
7.6m(最大)
主缶バブコック&ウィルコックス式蒸気ボイラー×4基
主機GE式ギヤード蒸気タービン×4基
推進器スクリュープロペラ×4軸
出力100,000shp(75,000kW)
速力32.5ノット
航続距離11,000海里/15ノット
乗員士官、兵員1,255名
兵装Mk.16 47口径6インチ(150mm)三連装砲×4基
Mk.12 38口径5インチ(130mm)連装両用砲×6基
ボフォース40mm機関砲×28門(4連装×6基、連装×2基)
エリコン20mm機関砲×単装20挺
装甲船体:89〜127mm
甲板:51mm
バーベット部:150mm
砲塔部:38〜152mm
司令塔:57〜127mm
艦載機カーチスSOC-3「シーガル」水上偵察機×4機
設備蒸気カタパルト×2基

攻撃潜水艦

USS Colombia (SSN-771).

ロサンゼルス原子力攻撃潜水艦の60番艦。
1993年起工、1994年進水、1995年就役。

現在はハワイの真珠湾を母港に、太平洋艦隊の一艦として活動している。

戦略潜水艦

現在就役中のオハイオ級戦略潜水艦の後継として計画中の艦。
2021年以降就役の予定。

宇宙船

アメリカ航空宇宙局宇宙船の名称としては過去に二度用いられている。

  • 「アポロ計画」の一環であった「アポロ11号」の司令船につけられたコールサイン
  • エンタープライズ」級スペースシャトルの2号機(実用初号機)。
    1981年4月12日の「STS-1」を皮切りに数々の任務を遂行したが、2003年2月1日、STS-107ミッションで地球に帰還途中、空中分解事故を起こして喪失。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS