Last-modified: 2016-05-07 (土) 13:56:20 (529d)

【コアンダ効果】(こあんだこうか)

Coanda effect.

流体が物体の表面を流れるとき、物体の表面外形へ貼りつくように沿って流れる現象。
ジェットエンジンを発明したといわれるヘンリ・コアンダによって発見された。

航空分野では、翼が迎え角を取らなくても、キャンバーによって揚力を発生させることに用いられる。
また、ジェットエンジンの排気を偏向させてSTOL性を向上させるUSBや、ヘリコプターアンチトルクを生み出すノーターなどにも応用されている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS