Last-modified: 2018-10-05 (金) 13:04:09 (70d)

【ゲパルト】(げぱると)

  1. 5PFZ-B "Gepard(ゲパルト)*1"
    ドイツ陸軍が装備する自走式対空砲
    旧西ドイツ陸軍が装備していた、アメリカ製のM42「ダスター」自走高射機関砲?の後継として1962年に開発が開始され、1973年より配備が開始された。

    レオパルト1と同型の車体を使用し、砲塔左右にKDA 35mm高射機関砲を1門ずつ、計2門装備している。
    車体は原型のレオパルト1と比べて装甲厚を若干減らし、電子機器の増加に伴う電力確保のために左前部に補助動力エンジンを搭載し、後部は冷却装置を収めるため延長されている。

    本車のレーダー配置などには特許があったため、後に日本で開発された87式自走高射機関砲は、この特許に触れないレーダー配置になっている。

    機関砲の射程圏外から攻撃してくる攻撃ヘリコプター対策として、右側機関砲側面に2発のスティンガーミサイルを搭載するハイブリッドシステムが開発されているが、既存車両にはまだ装備されていない。

    (西)ドイツ以外ではオランダ、ベルギー、ルーマニア、チリ陸軍で採用された。

    スペックデータ
    乗員3名
    全長7.73m
    車体長6.85m
    全高4.03m
    全幅3.37m
    戦闘重量44.8t
    エンジンMTU MB838CaM-500 4ストロークV型10気筒 多燃料液冷スーパーチャージドディーゼル
    (出力830hp/2,200rpm)
    登坂力60%
    超堤高1.15m
    超壕幅3.0m
    最大速度
    (路上)
    65km/h
    行動範囲550km
    携行弾数640発(対空用)/40発(対地用)
    装甲70mm(車体前面)/10〜40mm(車体側面他)
    兵装KDA 35mm高射機関砲×2門
    4連装スモークグレネード・ランチャー×2基

    【派生型】
    • 5PFZ-A:
      試作型。
      スメレンス・アルヴィス社製追尾レーダーとホランド・シグナーラパレント社製捜索レーダーを搭載。

    • 5PFZ-B:
      先行量産型。
      捜索レーダーがジーメンス社製MPDR-12に換装され、新たにジーメンス社製敵味方識別装置が搭載されている。

    • 5PFZ-C:
      オランダ陸軍向け先行量産型。

    • ゲパルトB2:
      量産型。

    • ゲパルトB2L:
      レーザー測遠器搭載型。

    • ゲパルトCA1:
      オランダ陸軍向け生産型。
      捜索・追尾レーダーを国産のホランド・シグナーラパレント社製パルス・ドップラーレーダーに換装し、砲塔後部のディッシュ・アンテナが横長のものに変更されている。

  2. ドイツ海軍?ミサイル艇Sボート?)。
    143A型高速艇とも呼ばれる。

    前級のアルバトロス?級ミサイル艇(143型)の改良型で、個艦防空能力が強化されている。
    主兵装として艇の中央部にMM38SSMを4基搭載し、また対空・対水上の両用砲としてオート・メラーラ 76mmコンパクト砲を前甲板に1基搭載する。
    また、艦対空ミサイルとしてRIM-116「RAM」近接防空ミサイルの21連装発射機を搭載している。

    10隻が建造されたが、2016年までに全て退役している。

    スペックデータ
    満載排水量391t
    全長57.6m
    全幅7.8m
    喫水2.6m
    機関MTUフリードリヒスハーフェン MTU-16V-956-TB91型ディーゼル×4基
    (出力4,500hp/1,575rpm)
    推進器3翼スクリュープロペラ×4軸
    発電機ディーゼルエンジン×4基(出力177hp/135kVA)
    速力40ノット
    航続距離7,000海里/15ノット
    乗員34名
    武装オート・メラーラ 76mm単装速射砲×1基
    RIM-116「RAM」近SAM 21連装発射機×1基
    エグゾセ MM38SSM 単装発射筒×4基(ミサイル4発)
    MG50-1 12.7mm機銃×2挺
    機雷敷設装置×1式
    C4ISR海軍戦術情報システム
    (AGIS戦術情報処理装置+リンク11
    レーダーWM-27 低空警戒/射撃指揮レーダー
    SMA 3RM-20航海レーダー
    FCSMSP-500光学射撃指揮装置
    電子戦
    対抗手段
    FL-1800SII ECM装置
    ホット・ドッグ チャフフレア発射機×2基

    同型艦
    艦番号艦名就役退役
    P6121ゲパルト
    (S71 Gepard)
    1982.12.72014.12.12
    P6122プーマ
    (S72 Puma)
    1983.2.242015.12.14
    P6123ヘルメリーン
    (S73 Hermelin)
    1983.4.282016.11.16
    P6124ネルツ
    (S74 Nerz)
    1983.7.142012.3.31
    P6125ツォーベル
    (S75 Zobel)
    1983.9.292016.11.16
    P6126フレットヒェン
    (S76 Frettchen)
    1983.12.26
    P6127ダクス
    (S77 Dachs)
    1984.3.222012.3.31
    P6128オーツェロット
    (S78 Ozelot)
    1984.5.232014.12.18
    P6129ヴィーゼル
    (S79 Wiesel)
    1984.7.122015.12.14
    P6130ヒエーネ
    (S80 Hyäne)
    1984.11.132016.11.16

  3. ロシア海軍?の警備艇(コルベット/フリゲート)。
    11661型警備艦とも呼ばれる。

    前級のグリシャ型(1124型)?コルベットの後継として建造され、対潜哨戒能力が強化されている。
    当初はインド海軍向けとして建造されたが、性能不足でインド海軍が引き取りを拒否したため、ロシア海軍が引き取ったという経緯がある。

    主兵装として船体上左右に3M24SSM*2の4連装発射筒を2基搭載し、対空・対水上の両用砲としてAK-176 76mm単装速射砲を上部構造物前端に1基搭載する。
    前甲板にはRBU-6000対潜迫撃砲を1基搭載している。
    また、対空兵装として4K33「オサーM(SA-N-4)」艦対空ミサイルAK-630 30mmCIWSを搭載している。

    本級は海外輸出を視野に5つの派生型が設計されている。
    ロシア海軍のカスピ小艦隊に配備されたほか、ベトナムにも輸出されている。

    スペックデータ
    主造船所A.M.ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場
    排水量
    基準/満載
    1,500t/1,930t
    全長102.14m
    全幅13.09m
    吃水5.3m
    機関方式CODOG方式
    エンジンDS-71ガスタービン×4基(出力29,300shp)
    D-61ディーゼル×1基(8,000bhp)
    推進器スクリュープロペラ×2軸
    最大速力28kt
    航続距離4,000海里/10kt
    兵装AK-176 59口径76.2mm単装速射砲×1基
    AK-630 30mmCIWS×2基
    「パラシ」複合CIWS(2番艦)
    「オサーM」短SAM連装発射機×1基(9K33ミサイル×20発、1番艦のみ)
    3M24SSM 4連装発射筒×2基
    3S14E「カリブルNK」VLS(2番艦)
    RBU-6000 12連装対潜迫撃砲×1基
    533mm連装魚雷発射管×2基
    機雷×12〜20個
    艦載機Ka-27/31哨戒ヘリコプター×1機
    C4Iシステム「シグマE」戦闘情報システム
    レーダーMR-352対空捜索用×1基
    MR-312航法用×1基
    射撃指揮レーダー「ガルプン」対水上捜索・射撃指揮×1基(SSM用)
    MR-123 射撃指揮用×1基(CIWS用)
    MPZ-301射撃指揮用×1基(短SAM用)
    ソナーMGK-335EV-03 船底装備式ソナー
    可変深度・曳航式ソナー
    電子戦
    対抗手段
    「ベル・シュラウド」ESM装置×2基
    「ベル・スクオート」ECM装置×2基
    PK-16 16連装デコイ発射機×4基

    【派生型】
    • 1型:
      艦尾にヘリコプター用飛行甲板を新設(ただしハンガーは無し)。
      代わりに可変深度ソナーを撤去。

    • 2型:
      艦尾にヘリコプター用飛行甲板とハンガーを新設。
      代わりに可変深度ソナーと4K33「オサーM」個艦防空ミサイルを撤去。

    • 3型:
      喫水を13.8mに広げ、満載排水量を2,100tに増加。
      前部のAK-630 CIWSをコールチクに換装し、艦尾にヘリコプター用飛行甲板とハンガーを新設。
      代償として可変深度ソナーと4K33「オサーM」個艦防空ミサイルを撤去。
      ベトナムが採用した3.9型はコールチクに替えてパルマCIWSに換装している。

    • 4型:
      調査船・救難船向けの非武装モデル。

    • 5型:
      艦尾にヘリコプター飛行甲板(ハンガーは無し)を新設し、機関をディーゼル(8,000hp)2基に換装したモデル。
      航続距離が6,000海里/10ノット時に増加したが、速度は23ノットに低下。

      同型艦
      ロシア海軍
      11661計画型
      艦番号艦名起工進水就役備考
      691タタールスタン
      (Татарстан)*3
      1990.5.51993.7.12003.8.31カスピ
      小艦隊
      旗艦
      11661K計画型
      693ダゲスタン
      (Дагестан)*4
      1993.5.2011.4.12012.11.28
      ベトナム海軍
      11661E計画型
      (ゲパルト3.9型)
      艦番号艦名起工進水就役備考
      HQ-011ディン・ティエン・ホアン
      (Đinh Tiên Hoàng)
      2007.7.102009.12.122011.3.23
      HQ-012リ・タイ・ト
      (Lý Thái Tổ)
      2007.11.272010.3.162011.8.22
      HQ-015チャン・フン・ダオ
      (Trần Hưng Đạo)
      2013.9.242016.4.272018.2.6
      HQ-016グエン・フエ
      (Quang Trung)
      2016.5.26
      HQ-017ゴ・クエン
      (Ngô Quyền)
      -発注済み
      HQ-018リ・トゥオーン・キエット
      (Lý Thường Kiệt)


*1 ドイツ語でチーターの事。
*2 2番艦からはカリブルNK巡航ミサイルに変更している。
*3 「ヤーストレプ(Ястреб)」から改名。
*4 「アルバトロス(Альбатрос)」から改名。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS