Last-modified: 2013-01-31 (木) 22:18:25 (1665d)

【ケッテ】(けって)

第二次世界大戦開戦前の1930年代、ドイツ空軍(ルフトバッフェ)が確立した戦闘機における編隊構成、及びそれを利用した戦術
3機で1個編隊を構成し、1個中隊は4つのケッテで編成された。

しかし、開戦後は戦訓の蓄積から徐々にロッテシュヴァルムといった2機を一単位とする戦術に移行した。

現代の航空戦術においても、3機を単位とする編隊は主流から外れていてほとんど用いられず、基本的に2機の倍数をもって構成するのが普通。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS