Last-modified: 2015-03-09 (月) 19:29:37 (838d)

【クレスタ】(くれすた)

旧ソ連が開発した大型駆逐艦
「カーラ」級と同様、ソ連・ロシア海軍では「ビェールクト*1」型巡洋艦と呼ばれる。
西側では、艦の性格から駆逐艦、大きさとしては巡洋艦クラスとされるが、ソ連・ロシア海軍での分類では1134型が「ロケット(ミサイル)巡洋艦」、1134A型が「大型対潜艦(駆逐艦)」に分類される。

クレスタ級はI型とII型があり、I型はProject1134型「ビェールクト」、II型はProject1134A型「ビェールクト-A」となる。

I型はキンダ型巡洋艦カシン型?駆逐艦を統合した艦として設計された艦で4隻が建造された。
船型はキンダ型と似ているが、船型楼甲板が後部まで延長されたほか、旧ソ連水上艦としては初めて固有の艦載ヘリコプターを搭載したのが特徴。
武装はM-1「ヴォルナー(SA-N-1)」艦対空ミサイル及びP-35「プログレス」(SS-N-3B「シャドック」)?長距離対艦巡航ミサイルを搭載する。
4隻のみ建造され以後はII型が建造される事になった。

II型は大型対潜艦(駆逐艦)として建造されたタイプで1969〜78年に10隻が建造された。
船型や上部構造物の配置はI型と同様だが、艦首部はソナーを装備したため鋭い形状となり、船体長も約3m延長され、基準排水量も約3,000t増加したため、I型と比べて外観は重厚なものになっている。
武装は艦対空ミサイルをM-1「ヴォルナー」からM-11「シュトルム(SA-N-3)」に、P-35対艦巡航ミサイルをRPK-3「メチェーリ」対潜ミサイルに換装したほか、近接防御火器としてAK-630 30mmCIWSを初めて搭載し、対潜・対空戦闘を重視した装備となっている。

1134型・1134A型は全艦が1990年代前半までに除籍され、後継として本艦の拡大発展型であるProject1134B「カーラ」型が建造された。

性能諸元

1134型
(クレスタI型)
1134A型
(クレスタII型)
タイプロケット巡洋艦
ミサイル巡洋艦
大型対潜艦
主建造所第190海軍工廠
(A・Aジュダーノフ記念海軍工廠)*2
排水量
基準/満載
5,335〜5,375t/7,125〜7,160t5,640〜5,735t/7,575〜7,670t
全長156.2m158.8m
全幅16.7〜16.8m16.8m
吃水5.9〜6.3m6.1m
機関蒸気タービン方式
KVN-98/64型ボイラー×4缶
(64kgf/c屐470℃)
KVN-98/64-2型ボイラー×4缶
(66kgf/c屐470℃)
TV-12型蒸気タービン×2基
(出力45,500hp/33.9MW)
TV-12-1型蒸気タービン×2基
(45,000hp/34MW)
スクリュープロペラ×2軸推進
速力34.3kt32.1kt
航続距離5,000海里
(18kt巡航時)
6,100海里
(14kt巡航時)
乗員343名379〜385名
兵装AK-725 57mm連装砲×2基4門
AK-630M 30mmCIWS×2基*3
ZIF-102 連装ミサイル発射機×2基
(M-1「ヴォルナ」用)
(V-600/601SAM×32発)
B-187A 連装ミサイル発射機×2基
(M-11「シュトルム」用)
(V-611SAM×24発)
4K44型(KT-72)連装ミサイル発射筒×2基
P-5「ピャチョールカ」?SSM用)
KT-100 4連装ミサイル発射筒×2基
85R/RUSUM?×4発)
RBU-6000「スメルチ-2」12連装対潜迫撃砲×2基
(RGB-60対潜ロケット爆雷×192発)
RBU-1000「スメルチ-3」6連装対潜迫撃砲×2基
(RGB-10対潜ロケット爆雷×48発)
PTA-533-1134 5連装533mm魚雷発射管×2基
(53-65型対潜魚雷、SET-53またはSET-65型「エノート-2」対艦用魚雷を装備。)
艦載機Ka-25PL/Ts「ホーモン」ミサイル誘導/対潜哨戒ヘリコプター×1機
C4Iシステム「プランシェート1134」
戦術情報処理装置
MVU-202「コーレニ1134A」
戦術情報処理装置
「モレ-U」戦術データリンク
FCS4R90「ヤタガン」×2基(SAM用)
MR-103「バールス*4」×2基(艦砲用)
MR-123「ヴィンペル*5」×2基(CIWS用)
「ビノム1134」×2基(SSM用)
「ブリャ1134」UBFCS×1基
4R60「グロム-M」×2基(SAM用)
MR-103「バールス」×2基(艦砲用)
MR-123「ヴィンペル-A」×2基(CIWS用)
「チフォーン1134」魚雷発射管制装置×2基
「ブリャ1134」UBFCS×1基
レーダーMR-500「クリーヴェル*6
対空捜索レーダー×1基
MR-310「アンガラ-A*7
3次元レーダー×1基
「ヴォルガ」航海用レーダー×2基
「バイガーチ」航法レーダー×1基
MR-600「ヴォスホート」3次元レーダー×1基
MR-310A「アンガラ-A」3次元レーダー×1基
「ヴォルガ」航海レーダー×2基
ソナーMG-312M(I)「チタン」×1基(捜索用)
MG-311「ヴィチェグダ*8」×1基(攻撃用)
MG-332T「チタン-2T」×1基(艦首装備)
MG-26「ホースタ」
MG-7×2基
MG-409K ソノブイ受信ソナー
MI-110R電磁気航跡探知装置
MI-110K温度航跡探知装置
「コーロス-K75」非音響探知装置
電子戦・
対抗装備
MRP-11-12 ESM×2基
MRP-13-14「オグラーダ」ESM×2基
MRP-15-16「ザーリフ」ESM×1基
MP-150 アクティブ電波妨害装置×8基
ZIF-121(PK-2)チャフ連装発射機×2基
「グルズーフA」ECM×2基
「グルズーフB」ECM×2基
MRP-11-12 ESM×2基
MRP-13-14 ESM×2基
MRP-15-16「ザリーフ」ESM×1基
PK-2電子戦複合装置
(ZIF-121 チャフ連装発射機×2基(デコイ200発)
+「テールツィヤ」管制装置)
BOKA-DU 高速力音響防雷具×2基
IFF
通信装備
R-613
「グラフィート」
「チュリパーン」
「ニーケリ-KM」IFF
「フローム-KM」IFF
通信機一式
「二フロム-KM」IFF×2基
「ニーケリ-KM」IFF×4基
ARP-50R 無線方位測定器×1基
ADK-3M「シュリュース」衛星測位システム
R-790「ツナミ-BM」衛星通信装置


同型艦

1134型(クレスタI型)
艦番号艦名起工竣工除籍所属艦隊
S-791アドミラール・ゾズーリャ
«Адмирал Зозуля»
1964.7.261967.10.81994.9.北方

バルト
(1986.10.9)
S-792ウラジオストク
«Владивосток»
1964.12.1968.81990.4.北方

太平洋
S-793ヴィツェ=アドミラール・ドロースト
«Вице-Адмирал Дрозд»
1965.11.181968.12.271990.7.1バルト

北方
(1975.4.8)
S-794セヴァストーポリ
«Севастополь»
1966.6.81969.9.251989.12.15北方

太平洋
(1980.2.11)


1134A型(クレスタII型)
艦番号艦名起工竣工除籍所属艦隊
S-721クロンシュタット
<<Кронштадт>>
1966.11.1969.12.1991.6.北方
S-722アドミラル・イサコフ
<<Адмирал Исаков>>
1968.1.1970.12.1993.6.30
S-723アドミラル・ナヒーモフ
<<Адмирал Нахимов>>
1968.1.1971.11.1991.1.
S-724アドミラル・マカロフ
<<Адмирал Макаров>>
1969.2.1972.10.251992.7.1
S-725マルシャル・ヴォロシーロフ
→ハバロフスク
<<Хабаровск>>
1970.3.1973.9.1994.北方

太平洋
S-726アドミラル・オクチャブルスキー
<<Адмирал Октябьский>>
1969.6.1973.12.1993.6.太平洋
S-727アドミラル・イサチェンコフ
<<Адмирал Исаченков>>
1970.10.1974.11.1992.7.北方
S-728マルシャル・ティモシェンコ
<<Маршал Тимошенко>>
1972.11.1975.11.1992.7.
S-729ヴァシリー・チャパエフ
<<Василий Чапаев>>
1973.12.221976.11.301993.12.31バルチック

太平洋
S-730アドミラル・ユマシェフ
<<Адмирал Юмашев>>
1974.4.1977.12.1992.7.北方



*1 «Беркут»:ロシア語でイヌワシの意。
*2 現セーヴェルナヤ・ヴェルフィ。
*3 1134型は後日装備。
*4 NATOコード:カイト・スクリーチ
*5 NATOコード:バス・ティルト
*6 NATOコード:ビッグ・ネット
*7 NATOコード:ヘッド・ネット
*8 NATOコード:「ウルフ・パウ」

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS