Last-modified: 2013-02-24 (日) 19:33:22 (1728d)

【クリップトデルタ】(くりっぷとでるた)

デルタ翼の翼端を大きく切り欠いたような形状の翼。「切り欠き三角翼」とも。

後退翼デルタ翼の中間的存在であり、無尾翼機よりもむしろ有尾翼機に採用されることが多い。
通常のデルタ翼に比べ、後退角を浅くしながら翼面積を大きく取れるため、幅広い速度域での旋回性能が求められる戦闘機に適する。
ただし、それでも比較的翼端失速を起こしやすく、主翼前縁にコニカルキャンバー前縁スラット捻り下げなどの防止策を併用することもある。

採用例はF-4F-8F-15F-16MiG-25など。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS