Last-modified: 2015-12-17 (木) 20:19:38 (462d)

【クーデター】(くーでたー)

coup d'État (仏)
直訳すると「国家への一撃」。

テロリズムによって既存の国家・政府機構を破壊し、テロリスト戒厳を命じる事。
未発展の国家で武装した民間人傭兵が企てる他、正規軍の将校が実行する事もある。
実際の戦闘が発生しないまま、降伏により決着した場合は特に「無血クーデター」と呼ばれる。

どのような形で行われるにせよ政治的変動は避けられず、しばしば治安の悪化を招く。
また、国内のテロリズムを活性化させ、紛争の引き金となる事も少なくない。
混乱や情勢悪化に伴って仮想敵国との外交関係に軋轢が生じて戦争に陥る危険性もある。

そのような事態になったとき、国外勢力は自国民の保護・救出を行おうとするが、紛争や暴動における自国民保護はしばしば発砲を必要とする。
また、旧政権と友好や同盟を結んでいた国家はクーデター政権を国家として承認しない(できない)場合がある。
クーデター勢力を支援する国家と敵対的な国家がそれぞれ軍事介入して代理戦争が始まってしまう場合も少なくない。

付け加えて言えば、戒厳を実行できるような勢力はしばしば政治的地盤を欠く。
そもそも政治力に劣るからテロリズムに頼るのであり、クーデター勢力が旧支配層より無能である事例は数多い。
政権を奪取した反政府テロ組織が新たな政府組織として再編される際、旧弊をそのまま引き継いでしまう事も少なくない。

近代国家における政治の実践は、諸手続と関連情報に知悉した官僚組織を抜きには語れない。
この官僚組織とクーデター政権との間で政治的見解が一致しない場合、起こりえる結末はおおむね二通りである。
すなわち、官僚が殺戮・追放されて誰も業務を引き継げなくなるか、官僚が改革を拒否して現状維持を貫くかである。
いずれにせよ政治情勢は悪化する可能性が高く、クーデターで始まった政権の多くは新たなクーデター勢力に引き倒されて幕を閉じている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS