Last-modified: 2015-08-10 (月) 11:41:44 (834d)

【キエフ(駆逐艦)】(きえふ(くちくかん))

1939年にソヴィエト/ロシア海軍で建造された嚮導駆逐艦
ソ連計画名では48型駆逐艦と呼ばれる。

計画中止となった改タシュケント型(20号計画型)の代替案として提案されたもので、38号計画(ミンスク級)をもとに20号計画で得られた成果を盛り込んだ拡大改良版であった。

主砲を単装砲から連装砲に変更したほか、密閉式艦橋を採用した。
機関については、平行して開発されたオグネヴォイ級(30号計画型)駆逐艦の搭載機関と統一されていた。

同型艦として7隻が建造される予定だったが、戦術上の方針変更に関連して建造計画は縮小され、「キエフ」と「エレヴァン」の2隻のみが建造された。
独ソ戦(大祖国戦争)開始後は、8月に両艦はニコラーエフからバトゥーミやポチへ回航され、そのまま終戦まで同地に留まった。

性能諸元

種別嚮導駆逐艦
排水量
基準/通常?/満載
2,350t/2,670t/3,045t
全長125.1m
全幅11.7m
吃水4.2m
機関ボイラー×4基
蒸気タービン×2基
プロペラシャフト×2軸
スクリュー×2基
速力44.0Kn
航続距離4,100/20kn(巡航速度)
乗員250名
武装B-2LM 50口径130mm連装砲×3基
76mmまたは85mm連装高角砲×1基
37mm連装高角砲×3基
コルト・ブラウニング12.7mm連装機銃×4基
5連装533mm魚雷発射管×2基
爆雷(B-1大型爆雷×10個、M-1小型爆雷×20個)
1931年型機雷×76個
装甲なし

同型艦

艦名主造船所起工進水備考
アルマ=マタ
<<Алма-Ата>>
第546工場-建造中止(起工準備のみ)
アシュハバート
<<Ашхабад>>
第545工場
エレヴァン
<<Ереван>>
第358工場1939.12.1941.6.29バトゥーミヘ疎開
1945/04/12に48K号計画に基づき改設計。
1945年末 建造延期により保管。
キエフ
<<Киев>>
第357工場1939.11.1940.12.12ポチへ疎開
1945/04/12に48K号計画に基づき改設計。
1945年末 建造延期により保管。
ペトロザヴォーツク
<<Петрозаволск>>
第359工場1940.-独ソ戦開戦後に建造中止
ナチス・ドイツ軍によって船台上で解体
スタリナバート
<<Сталинабад>>
第542工場1939.12.27-建造中止
船台上で解体
アルハンゲリスク
<<Архангельск>>
-発注取り消し
ムールマンスク
<<Мурманск>>
オチャーコフ
<<Очаков>>
ペレコープ
<<Перекоп>>



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS