Last-modified: 2019-02-21 (木) 18:29:15 (211d)

【ガルフストリーム后(がるふすとりーむふぁいぶ)

Gulfstream V.

アメリカのガルフストリーム社が、1990年代に開発・生産した双発ビジネスジェット機
前作のガルフストリームをベースに、大型化した形で開発された。

胴体の基本構造は前作のガルフストリームと同じであるが、全長・主翼構造とも見直され、拡大されている。
基本形状は変わらず、後退角のついた低翼で、主翼端にはウィングレットがつけられている。
エンジンは左右に一基づつ配置され、T尾翼を有する。

航続距離は大幅に伸び、10,000km以上に達するため、交代要員用の設備も備えている。

優秀な航続性能を誇るため、民間向けのVIP輸送機だけでなく、政府機関においても重用されている。
アメリカでは「C-37A」として空軍海兵隊で用いられている他、沿岸警備隊やFEMA(連邦緊急事態管理庁)などでもVIP輸送機として活躍している。
日本では海上保安庁が捜索機として2機を採用している*1

2機とも羽田航空基地に配備されており、隣接の羽田特殊救難基地隊員の遠隔地への出動に伴う隊員移送にも使用される。

主な運用国

スペックデータ

乗員2名
乗客数15〜19名
全長29.4m
全高8.18m
翼幅28.48m
キャビン長13.39m
キャビン高1.88m
キャビン幅1.60m
翼面積105.6
アスペクト比7.68
空虚重量20,956kg
最大離陸重量41,050kg
最大着陸重量34,200kg
最大ペイロード3,800kg
エンジンロールス・ロイス BR710A1-10ターボファン×2基(推力65.6kN(14,750lbf))
速度
(最高/巡航)
マッハ0.88/マッハ0.83
航続距離10,186km(乗員5名、乗客12名)
上昇率21.28m/s



*1 「うみわし1号/2号」の愛称がある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS