Last-modified: 2012-03-02 (金) 23:36:39 (2086d)

【ガストガン】(がすとがん)

Gast Gewehr / Gast Prinzip(独)
Gast gun / Gast principle(英)
ドイツの技師カール・ガストが発明した機関砲回転機構。きわめて高速の連射が可能で、航空機搭載機関砲として優れる。
「ガスト式(機関砲)」と呼ばれることも多い。

2つの砲身を並べ、それぞれのブリーチはシーソーのように結合されている。
片方の砲身から発射すると、反動でブリーチが後退し、シーソーのように片側のブリーチが前進する動作を利用して次弾を装填する。
繋がった2つのブリーチが互いの装填を補助し合うため、通常のブローバック方式より高速で給弾・連射を行える。
砲身が2本あるため「2連装」と表現されることもあるが、機構上一体の存在であるため正しくない。

第一次世界大戦の末期に発明されたが終戦に間に合わず、そのまま当のドイツでは実用化されずに終わった。
後年はソ連によって、GSh-23やGSh-30-2といった軍用機搭載用ガストガンが実用化されている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS