Last-modified: 2017-11-24 (金) 17:55:20 (53d)

【カリ】(かり)

Qāri / KARI(米)

サダム・フセイン政権時代の旧イラク軍が運用していた戦略防空システム。
名称の原義はアラビア語で「クルアーン(Qur'an)を識る人(指導者)」を意味する言葉。
国名「イラク(IRAQ)」の逆読みでもある。

旧ソ連やフランスの兵器やシステムを積極的に導入し、当時の世界有数の能力を持つといわれた。
しかし1991年の湾岸戦争において、多国籍軍による史上最大規模のSEADにさらされ、数日で壊滅した。

物量差で押しつぶされる結末が最初から明白であったため、カリを構成する兵器群の多くは戦後のために温存されていた。
にも関わらず、多国籍軍は一連の攻勢対航空作戦で33機の戦闘機*1撃墜されている。


*1 SAMAAAなど地対空火器で32機、MiG-25により1機。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS