Last-modified: 2017-04-08 (土) 18:40:22 (253d)

【エンタープライズ】(えんたーぷらいず)

enterprise
事業や冒険心などを意味する抽象名詞で、艦艇などの名称としてたびたび用いられる。
本項目では、アメリカにおける代表的な例を挙げる。

  1. CV-6 USS Enterprise
    ヨークタウン級航空母艦の2番艦。「ビッグE」の愛称で呼ばれることもある。
    3隻建造されたヨークタウン級の中で、唯一太平洋戦争中の撃沈を免れた艦である。
    日本軍からの攻撃で十数回の損傷を被ったがその度に修理を施し、終戦までに日本の艦艇を70隻以上沈めたといわれる。

    性能諸元
    艦名エンタープライズ(CV-6 USS Enterprise)
    艦種ヨークタウン級航空母艦
    起工1934/07/16
    進水1936/10/03
    就役1938/05/12
    退役1947/02/17
    解体1960/05
    造船所ニューポート・ニューズ造船所(ヴァージニア州)*1
    排水量
    基準/満載
    19,800t/27,100t
    全長247m
    全幅35m(艦幅:25m)
    吃水8.5m
    最大速力34.6kt
    機関バブコック&ウィルコックス社製ボイラー×9基
    パーソンズ式蒸気タービン×4基4軸推進(120,000馬力)
    航続距離10,400浬/15kt
    艦載機固定翼機:最大90機(F4F/F6F/F4U/SBD/SB2C/TBD?/TBF?など)
    乗員士官/兵員2,919名
    武装Mk.12 38口径5インチ単装砲×8門(1943年撤去)
    75口径1.1インチ機関砲×4連装4基
    ブローニングM2 12.7mm機関銃×22基
    エリコン 20mm機関砲×30基(1943年設置)
    ボフォース40mm機関砲×4連装4基(1942年10月)
    レーダーCXAM-1
    設備エレベーター×3基
    カタパルト×3基(飛行甲板×2基 格納庫×1基)
    母港サンディエゴ(カリフォルニア州)

  2. CVAN-65 USS Enterprise(後にCVN-65)
    世界初の原子力空母。上記1.の艦と同様に「ビッグE」と呼ばれることがある。
    キティホーク級の船体設計をもとに、8基のA2W型加圧水型原子炉を搭載して建造された。
    化石燃料による蒸気タービン推進では成し得なかった長大な航続能力と加速力を実現し、原子力艦船のメリットを証明した。
    しかし、8基もの原子炉を搭載する本艦はコスト・パフォーマンスが非常に悪く、同型艦が建造されることはなかった。
    このため、続くニミッツ級では、大型化した原子炉を2基搭載した。

    当初は艦橋の周囲にSCANFARフェイズドアレイレーダーシステム*2を、艦橋の上に仏塔型のECMドームを搭載し、外観上の大きな特徴となっていたが、巨大で整備性も悪いため、1982年の改修時に撤去された。

    2009年にキティホークが退役した後、本艦はアメリカ海軍最古参の現役軍艦となり「OLD NAVY JACK」の艦首旗*3を掲げていた。
    2015年に予定されていた「ジェラルド・R・フォード」級航空母艦の就役まで現役にとどまることとなっていたが、方針の変更により、2012年12月1日付けで不活性化され、事実上の退役となった(書類上での除籍は2017年2月3日)。
    今後は「原子力艦再利用プログラム」により、原子炉の廃炉処置及び撤去を行い、その後、船体は解体される公算が大きい*4

    また、艦名の「エンタープライズ」は、現在開発中のジェラルド・R・フォード級航空母艦の3番艦(後述)に命名される予定だという。

    性能諸元
    艦名エンタープライズ(CVAN/CVN-65 USS Enterprise)
    艦種エンタープライズ級原子力空母
    起工1958/02/04
    進水1960/09/24
    就役1961/11/25
    不活性化2012/12/01
    退役2017/02/03
    造船所ニューポートニューズ造船所(ヴァージニア州)
    排水量
    基準/満載
    75,700t/93,284t
    全長336m
    全幅76m(艦幅:40m)
    吃水10.7m
    速度33.6kt
    機関ウェスティングハウス A2W加圧水型原子炉×8基
    蒸気タービン×4基 4軸推進(出力280,000hp)
    乗員士官/兵員4,600名
    武装RIM-116「RAM」21連装発射機×2基
    Mk.29 8連装シースパローSAM発射機×3基
    ファランクス20mmCIWS×2基
    艦載機固定翼機/回転翼機×84機
    レーダーAN/SPS-48? 3次元対空捜索レーダー
    AN/SPS-49? 2次元対空捜索レーダー
    電子戦
    対抗装備
    AN/SLQ-32? 統合電子戦装置
    Mk.36 SRBOC チャフフレア発射システム
    設備蒸気カタパルト×4基
    母港(最終)ノーフォーク海軍基地(ヴァージニア州)
    所属(最終)艦隊総軍 第12空母打撃群
    備考RAM発射機搭載後

    640px-USS_Enterprise_%28CVN-65%29.jpg

  3. CVN-80 USS Enterprise
    ジェラルド・R・フォード原子力空母の3番艦に予定されている艦名。

    1960年代のジョン・F・ケネディ(CV-67)以後、アメリカ海軍航空母艦には大統領経験者や海軍の功労者に由来する命名がなされてきているが、予定通り命名されればこの慣例を破るケースとなる。

    2015年に建造が開始され、2025年の就役を予定している。
    なお、艦の詳細はジェラルド・R・フォードの項を参照のこと。

  4. OV-101 Enterprise
    NASAスペースシャトル計画において製作された「オービター(軌道船)」1号機。
    アメリカの人気TVドラマ「スタートレック」に登場する、同名の宇宙船にちなんで名づけられた。*5

    本機は実用機ではなく、実用機が地球に帰還する際の滑空飛行を試すための試験機であり、外観はほぼ同じなものの、他のオービターになされている宇宙飛行に必要な装備がなされておらず、宇宙へ飛び立てるようにはできていなかった。
    実はそれらの装備を実装する改修計画があったが、地上試験機であった「チャレンジャー」を改修することになり幻となった*6

    B747を改造した専用の輸送機に載せられて上昇し、空中で切り離されて滑空試験に供された。
    退役後はワシントンD.Cにある国立航空宇宙博物館の展示物となっていた*7が、退役した「ディスカバリー」が同館で展示されることに決まったため、ニューヨークの「イントレピッド海上航空宇宙博物館*8」へ移された。

    なお、本機の同型機についてはスペースシャトルの項を参照のこと。


*1 現ノースロップ・グラマン・ニューポート・ニューズ。
*2 AN/SPS-32監視レーダーおよびAN/SPS-33追尾レーダーから成る。このシステムを搭載したのは本艦と原子力巡洋艦ロングビーチ?のみである。
*3 現在、この旗は原子力空母ニミッツ」(1975年就役)に承継されている。
*4 「世界初の原子力空母」という点から、博物館船として保存する意見もあるが、原子炉を取り出す際に船体を切断せねばならないため、船体丸ごとの保存は難しいという。
*5 当初はアメリカ合衆国憲法発布200年を記念して「コンスティテューション」と名づけられる予定だったが、スタートレックのファンがNASAに「エンタープライズ」と名付けようというキャンペーンを張ったという逸話がある。
*6 後にその「チャレンジャー」が爆発事故で失われると、同機の補充代替として再度、宇宙飛行能力の実装が検討されたが、ストックされていた予備部品を使用して「エンデバー」が建造されることになり見送られた。
*7 この間、僚船の修理・整備のために部品の一部が取り外されている。
*8 退役したエセックス正規空母「イントレピッド(USS Intrepid CV-11)」の船体を博物館に改装したもの。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS