Last-modified: 2017-03-19 (日) 16:10:18 (10d)

【エセックス】(えせっくす)

Essex
かつてイギリスに存在した東サクソン王国のこと。現在も地名として残るほか、アメリカにもこれにちなんだ同様の地名が多数見られる。

  1. Essex class ships of the line.
    18世紀、イギリス海軍で運用されていた64門3等戦列艦
    「エセックス」と「アフリカ」の2隻があった。

    スペックデータ
    種別3等戦列艦
    全長48m(砲列甲板)
    39.5m(竜骨)
    全幅13.5m
    吃水5.7m
    機関帆走(3本マストシップ)
    兵装上砲列:18ポンド(8kg)砲×26門
    下砲列:24ポンド(11kg)砲×26門
    後甲板:4ポンド(2kg)砲×10門
    艦首楼:9ポンド(2kg)砲×2門
    計64門

    同型艦
    艦名主造船所発注進水その後
    エセックス
    (Essex)
    ウェルズ&スタンソン
    (ロザーハイス)
    1759.1.311760.8.281799.売却
    アフリカ
    (Africa)
    ペリー
    (ブラックウォール)
    1761.8.11774.解体

  2. CV-9 USS Essex
    アメリカ海軍ヨークタウン級の設計をベースに建造・就役させた航空母艦
    ワシントン海軍軍縮条約の失効を受け、アメリカ下院議員のカール・ビンソンが提唱した艦艇増強策の一環として建造が決まった。

    基準排水量ヨークタウン級の19,800トンに比べ、本艦では27,100トンと大幅に拡大されており、艦載機の搭載・運用能力に大幅な余裕が生まれた。
    艦首飛行甲板に油圧カタパルトを2基備えていたのに加え、格納庫にも予備カタパルトを1基装備していたが、後者は実用性に乏しく後に廃止された。
    就役は太平洋戦争開戦から約1年後の1942年12月となっており、終戦までに同型艦を含め17隻が就役し、そのうち14隻が太平洋へ投入された。
    本級のうち船体を延長したロングハル型をタイコンデロガ級として区別する場合もある。

    本艦の初陣は1943年8月、同型艦のヨークタウン(CV-10)や軽空母インディペンデンス?(CVL-22)とともに実施した南鳥島攻撃である。
    その後フィリピンや沖縄などを転戦し、特攻機などの直撃を幾度も受けながら生き抜いた。*1
    太平洋戦争が終結し、同型艦が建造キャンセルやモスボール処理を受ける中、本艦はジェット艦上機に対応するための改修(SCB-27)*2を受け、朝鮮戦争にも参加したが、運用上の問題も多く、1955年から更なる改修工事(SCB-125)*3を受けた。
    同型艦の多くも前後してこれらの改修を受けている。「オリスカニー」は太平洋戦争後に建造が中断されていたが、SCB-27のテストベッドとして建造が再開され、1950年に就役した。

    しかしそれでもF-4などの新鋭機を運用することはできず、本艦は1960年に対潜空母へ艦種変更され、1969年に退役した。
    同型艦も同様に艦種変更および退役が進み、最後に残った練習空母「レキシントン」も1991年に退役している。

    性能諸元
    艦種エセックス級航空母艦
    主造船所ニューポート・ニューズ造船所(CV-9〜CV-13・CV-14〜CV-15・CV-21・CV-32・CV-46)
    ベスレヘム・スチール社(CV-16〜CV-18・CV-19・CV-47)
    ニューヨーク海軍造船所(CV-20・CV-31・CV-33・CV-35)
    ブルックリン海軍造船所(CV-34)
    フィラデルフィア海軍造船所(CV-36〜CV-37・CV-45)
    ノーフォーク海軍造船所(CV-38〜CV-40)
    排水量
    基準/満載
    27,200t/36,380t(竣工時)
    28,200t/40,600t(「SCB-27A」計画後)
    30,800t/41,200t(「SCB-125」計画後)
    全長270m
    全幅28.4m(水線幅)
    29m(最大)
    吃水7m
    機関ボイラー×8缶
    ウェスティングハウス蒸気タービン×4基(150,000shp)
    スクリュープロペラ×4軸
    最大速力33ノット
    航続距離20,000海里(15ノット時)
    乗員士官、兵員 2,600名
    兵装Mk.12 38口径5インチ(12.7cm)連装砲×4基(改装時に撤去)
    同単装砲×8基(改装後4基)
    ボフォース 56口径40mm機関砲×4連装8基32門(改装時に撤去)
    エリコンFF 78口径20mm機関砲×単装46門(改装時に撤去)
    搭載機太平洋戦争時:
    90〜102機(露天駐機を含む)
    F6FF4UFG-1SBDSB2CTBF?
    朝鮮戦争〜1950年代後半:
    F8F?F9FF2H?FJ-1?F7UF3DADA3DAF?AM?AJ?HO3S?H-25?
    1950年代末〜ベトナム戦争
    F11FF3H?F4DF8UA4DWF?A-7
    対潜空母改装型:
    S2F/S-2HSS-1/SH-34HS-2/SH-3HUK/UH-2HUS/UH-34
    装備エレベーター×3基(インボード式(中央)×2基・デッキサイド式(舷側)×1基)
    H-2型/H-4型油圧カタパルト×2基
    火器管制装置Mk.37 砲射撃指揮装置×3基(後に2基)(5インチ砲用)
    Mk.51 射撃指揮装置(40mm機銃用)
    レーダーSK(CXFA)?対空捜索レーダー(Pバンド)
    SG?対水上捜索/航空機誘導レーダー(Sバンド)
    SM測高レーダー(航空管制用)
    SC-2?対空捜索レーダー(予備)
    SXレーダー(大戦末期)
    その他、直上の目標に対処するため、航空機搭載用のAN/APS-6や陸軍のSCR-720*4
    を搭載した艦もある。

    同型艦
    エセックス級
    艦番号艦名起工進水就役退役備考
    CV-9エセックス
    (USS Essex)
    1941.4.281942.7.311942.12.31
    1951.1.15
    1947.1.9
    1969.6.30
    後にCVACVS
    CV-10ヨークタウン
    (USS Yorktown)
    1941.12.11943.1.211943.4.151970.6.27後にCVA→CVS
    1975.10.3
    博物館として公開
    CV-11イントレピッド
    (USS Intrepid)
    1941.12.11943.4.261943.8.161974.3.15後にCVA→CVS
    1982.8.
    博物館として公開
    CV-12ホーネット
    (USS Hornet)
    1942.8.31943.8.301943.11.291970.6.26後にCVA→CVS
    1998..10.17
    博物館として公開
    CV-13フランクリン
    (USS Franklin)
    1942.12.71943.10.141944.1.311964.10.1戦傷のため1947.2.17以後、
    モスボールされたまま退役
    登録上のみ
    CVA→CVS→AVT
    CV-16レキシントン
    (USS Lexington)
    1941.7.151942.9.231943.2.171991.11.8後にCVA→CVS*5
    1992.6.15
    博物館として公開
    CV-17バンカー・ヒル
    (USS Bunker hill)
    1941.9.151942.12.71943.5.241963.11戦傷のため1947.1.9以後
    モスボールされたまま退役
    登録上のみ
    CVA→CVS→AVT
    CV-18ワスプ
    (USS Wasp)
    1942.3.181943.8.171943.11.24
    1951.9.28
    1947.2.17
    1972.7.1
    後にCVA→CVS
    CV-20ベニントン
    (USS Bennington)
    1942.12.151944.2.281944.8.6
    1952.11.13
    1946.11.8
    1970.1.15
    後にCVA→CVS
    CV-31ボノム・リシャール
    (USS Bon Homme Richard)
    1943.2.11944.4.291944.11.261971.7.2後にCVA
    CV-34オリスカニー
    (USS Oriskany)
    1944.5.11945.10.131950.9.25
    1959.3.7
    1957.1.2
    1975.9.30
    後にCVA→CV*6
    ロングハル型(タイコンデロガ級)
    艦番号艦名起工進水就役退役備考
    CV-14タイコンデロガ
    (USS Ticonderoga)
    1943.2.11944.2.71944.5.81973.9.1後にCVA→CVS
    CV-15ランドルフ
    (USS Randolph)
    1943.5.101944.6.281944.10.9
    1953.7.1
    1948.2.25
    1969.2.13
    後にCVA→CVS
    CV-19ハンコック
    (USS Hancock)
    1943.1.261944.1.241944.4.15
    1954.2.15
    1956.11.15
    1947.5.9
    1956.4.13
    1976.1.30
    後にCVA→CV
    CV-21ボクサー
    (USS Boxer)
    1943.9.131944.12.141945.4.161969.12.1後にCVA→CVS
    LPH-4
    CV-32レイテ
    (USS Leyte)
    1944.2.211945.8.231946.4.111959.5.15後にCVA→CVS
    →AVT
    CV-33キアサージ
    (USS Kearsarge)
    1944.3.11945.5.51946.3.21970.2.13後にCVA→CVS
    CV-35レプライザル
    (USS Reprisal)
    1944.7.111946.-1945.8.12 建造中止
    1949.11.解体
    CV-36アンティータム
    (USS Antietam)
    1943.3.151944.8.201945.1.281963.5.8後にCVA→CVS
    →AVT
    CV-37プリンストン
    (USS Princeton)
    1943.9.141945.7.81945.11.181970.1.30後にCVA→CVS
    →LPH-5
    CV-38シャングリラ
    (USS Shangri-La)
    1943.1.151944.2.241944.9.151971.7.30後にCVA→CVS
    CV-39レイク・シャンプレイン
    (USS Lake Chanplain)
    1943.3.151944.11.21945.6.31966.5.2後にCVA→CVS
    CV-40タラワ
    (USS Tarawa)
    1944.3.11945.5.121945.12.81960.5.13後にAVT→CVA
    →CVS→AVT-12
    CV-45ヴァリー・フォージ
    (USS Valley Forge)
    1943.9.141945.7.81946.11.31970.1.15後にCVA→CVS
    →LPH-8
    CV-46イオージマ
    (USS Iwo Jima)
    1945.1-1945.8.12 建造中止
    CV-47フィリピン・シー
    (USS Philippine sea)
    1944.8.191945.9.51946.5.111958.12.28後にCVA→CVS
    →AVT-11

  3. LDH-2 USS Essex
    ワスプ級強襲揚陸艦の2番艦。
    現在は太平洋艦隊に属し、サンディエゴを母港としている。


*1 本級は第二次世界大戦に多数が投入されたにもかかわらず戦没艦はなく、すべて生還している。
*2 ジェットブラストディフレクターの追加など。基準30,900トン、満載39,800トン。
*3 艦首をエンクローズ化し、蒸気カタパルト斜め飛行甲板などを追加。基準33,000トン、満載44,700トン。
*4 ノースロップP-61?夜間戦闘機に搭載されるマイクロ波レーダーである。
*5 ただし実質練習空母。
*6 退役後も保管されていたが、2006年に海底魚礁としてカリブ海に沈められた。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS