Last-modified: 2023-11-18 (土) 13:56:24 (13d)

【エキュレイユ】(えきゅれいゆ)

Aerospatiale(Airbus Helicopters) AS350(H125) "Ecureuil(エキュレイユ)*1.

フランスのアエロスパシアル社(現:エアバス・ヘリコプターズ)が開発・製造する小型ヘリコプター
小ぶりな機体に3枚ブレードのメインローターを持つ、SE.3130(SA313B)「アルエット供?SA341「ガゼル」の後継機であり、引き続き多くのセールスを獲得している。

前作のガゼルが速度性能を重視してフェネストロンを装備しているのに対し、本機は通常のテイルローターを装備してホバリング性能を重視している*2
中でもSA315「ラマ」の後継とされるAS350B3型は2005年にエベレスト山頂まで飛行し、航空機の高高度着陸世界記録を樹立している*3

また、フランス軍向けの「フェネック」シリーズや、エンジンを双発にして冗長性を向上させた「エキュレイユ供淵張ぅ鵝Ε┘ュレイユ)」シリーズも存在する。

なお、アメリカ市場ではエキュレイユが「エイスター(AStar)」、エキュレイユ兇「ツインスター(TwinStar?)」として知られる。
また、イギリス国防省ではリスの英称である「スクイレル(Squirrel)」と呼称している。

ブラジルのヘリブラス社でもライセンス生産されているほか、中国ではリバースエンジニアリングによりZ-11(直昇11)として生産されている。

20061009ecureuil.jpg
AS350B3

スペックデータ

AS350B3「エキュレイユ」(H125)
乗員1名
定員5名
オプションで4名、5名、6名*4
全長12.94m
胴体長10.93m
全高3.145m
主ローター直径10.7m
主ローター面積89.75
空虚重量1,174kg
最大離陸重量2,250kg(機内搭載時)
2,800kg(機外吊下げ輸送時)
エンジンチュルボメカ アリエル2Bターボシャフト×1基
(離陸出力632kW/848shp)
超過禁止速度287km/h
巡航速度245km/h
航続距離662km
実用上昇限度4,600m
上昇率8.5m/s


AS550C3「フェネック」
乗員2名
定員兵員4名
全長12.94m
胴体長10.93m
全高3.34m
主ローター直径10.69m
主ローター面積89.75
空虚重量1,220kg
最大離陸重量2,250kg
燃料搭載量540リットル(143 US Gal)
エンジンチュルボメカ アリエル2Bターボシャフト×1基
(出力632kW/847shp(離陸出力500kW/671hp))
超過禁止速度287km/h
最高速度246km/h(最大巡航
航続距離648km
上昇限度5,280m
上昇率10.3m/s
兵装BGM-71「TOW」ATM
Forges de Zeebrugge FZ220 2.75インチ(70mm)ロケット弾×7発
タレス Brandt 68mmロケット弾×8発
Giat M261 20mm機関砲ポッド
FN Hershal連装7.62mm or 12.7mmガンポッド


主な派生型

単発型

  • AS350:
    試作型。

  • AS350 Firefighter:
    消防機型。

  • AS350B:
    初期量産型。
    エンジンはチュルボメカ・アリエル1B(出力478kW/641shp)を搭載。
    最大離陸重量1,950kg/2,100kg。

    • AS350B1:
      AS355の幅広非対称翼型ローターとAS355Fのテイルローターを装備する改良型。
      エンジンはアリエル1D(出力510kW/683shp)を搭載。
      最大離陸重量2,200kg/2,500kg。

    • AS350B2:
      AS355のローターとAS355Fのテイルローター、テールブーム側面にストレーキを装備して飛行性能を向上した型。
      エンジンはアリエル1D1(出力531kW/712shp)を搭載。
      最大離陸重量2,250kg/2,500kg。

    • AS350B3:
      高高度対応の高出力型。
      AS355のローター、AS355Nの推力向上型テイルローターを装備。
      エンジンはシングルチャンネルDECU(Digital Engine Control Unit)装備のアリエル2B(出力543kW/728shp)を搭載。

    • AS350B3/B1:
      デュアルチャネルFADECと2重の油圧系統を備える型。
      最大離陸重量2,370kg。

    • AS350B3+:
      初期型B3の改良型。EC130B4に採用された可変ロータースピードコントロール、Engine Backup Ancilary Control Unit(EBCAU)を装備(非常操作を簡素化を目的とする)。
      エンジンもEC130B4と同様のデュアルチャンネルDECU(Digital Engine Control Unit)装備のアリエル2B1(出力543kW/728shp)を搭載。

    • H125(AS350B3e):
      B3+のエンジンをEC130T2と同様の出力向上型のアリエル2D(出力598kW/802shp)に変更した型。

    • EC130B4:
      キャビンを拡大しキャビンが7名乗りに拡大、フェネストロンを装備した型。
      エンジンはアリエル2B1を搭載。
      旅客輸送特化の為、主操縦席を左席に設定している(H125は従来通りの右席操縦席)。

    • H130(EC130T2):
      操縦系統に2重油圧操縦装置を標準装備。
      エンジンを出力向上型のアリエル2D(出力598kW/802shp)に変更して搭載。

  • AS350C/D「エイスター」:
    北米市場向けにエンジンをライカミングLTS-101-600A2に換装*5した型。
    D型は一時期「エイスター Mark.3」として販売された。

  • AS350BA「エキュレイユ・プラス」:
    アリエル1BとAS355のローター・テイルローターを組み合わせ、性能を回復した北米市場向け生産型。

  • AS350BB:
    イギリス国防省向け練習ヘリコプター型。
    エンジンはアリエル1D1を搭載。

    • Squirrel HT.1:
      国防ヘリコプター飛行学校を通じて、イギリス軍が訓練用ヘリコプターとして運用しているAS350BBの呼称。

    • Squirrel HT.2:
      AS350BBがイギリス陸軍航空隊(AAC)で運用されていた際の呼称。現在は退役。

  • AS350L1/L2「エキュレイユ」:
    AS350B1/B2ベースの軍用型原型機。

  • AS550C2「フェネック」:
    B2の軍用型。
    HOTロケット弾で武装可能。

  • AS550U2:
    非武装型。

  • AS550C3:
    エンジンをアリエル2Bに換装した高出力型。

  • HB350B"Esquilo":
    ブラジル空軍向け。ヘリブラス社でライセンス生産
    ブラジル空軍での呼称は「CH-50」「TH-50」。

  • HB350B1"Esquilo":
    ブラジル海軍向け。ヘリブラス社でライセンス生産。
    ブラジル海軍での呼称は「UH-12」。

  • HB350A1:
    ブラジル陸軍向け。ヘリブラス社でライセンス生産。
    ブラジル陸軍での呼称は「HA-1」。

  • 直昇11(Z-11)
    中国がリバースエンジニアリングした機体。詳しくは項を参照。

双発型

  • AS355「エキュレイユ2」:
    双発型試作機。

  • AS355E:
    双発の初期量産型。単独の油圧系統とアリソン250ターボシャフトを搭載。
    北米向けは「ツインスター」の愛称で呼ばれる。

  • AS355F:
    二重の油圧系統を持ち、ローターや操縦装置を改良した計器飛行対応型。

    • AS355F1:
      アリソン250C20Fエンジンを搭載する型。最大離陸重量2,400kg。

    • AS355F2:
      アリソン250C20Fを2基搭載し、アキュムレータやギアボックスの性能を向上させたペイロード向上型。
      最大離陸重量2,540kg。

  • AS355N「エキュレイユ2」:
    エンジンをチュルボメカ アリウス1Aに換装し、FADECを搭載した型。
    最大離陸重量2,600kg。

  • AS355NP「エキュレイユ2」:
    エンジンをアリウス1A1に換装し出力を強化、AS350B3と同じメインギアボックスを搭載し、最大離陸重量を2,800kgに向上させた型。

  • AS355M:
    F1の軍用型。

  • AS355M2:
    F2の軍用型。

  • AS555AF「フェネック供廖
    N型の軍用型。
    • AS555AN:
      フランス陸軍向けの軽攻撃型。20mm機関砲を搭載。
    • AS350AR:
      フランス陸軍向け攻撃ヘリコプター型。20mm機関砲とロケット弾を搭載。
    • AS555UN:
      フランス陸軍向け練習型。
    • AS555UR:
      フランス陸軍向けの汎用型。
    • AS555MN:
      フランス海軍向け非武装型。
    • AS555MR:
      フランス海軍向けの対艦哨戒型。
    • AS555SN/SR:
      フランス海軍向けの対潜型
    • AS555SP:
      フランス海軍向け。AS355NPベース。


*1 仏語でリスの意。
*2 発展型のEC130B4のみフェネストロンを装備している。
*3 ヘリコプターの高高度飛行世界記録は、「ラマ」の12,442m。
*4 6人乗りの場合、前座席が2人掛けに変更されている。
*5 政府機関導入を意識して「バイ・アメリカン法」に対応するためで、性能はオリジナルに劣る。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS