Last-modified: 2017-12-06 (水) 20:59:51 (5d)

【エアブレーキ】(えあぶれーき)

飛行機が減速するために用いられるブレーキ。「空力ブレーキ」「スピードブレーキ」とも。
機体形状(主に主翼)を変形させ、空気抵抗を増大させる事によって機体を減速させるもの。

現代の設計では必要な時だけ空気抵抗を得る動翼が一般的だが、変形しない外付け式エアブレーキも存在する。
固定されたエアブレーキは最高速度・加速力を常に劣化させるもので、過剰な加速による失速・空中分解を防ぐために用いられる。

エアブレーキ以外で空中の飛行機を減速させる手段はエンジン出力低下・逆噴射マニューバーなどがある。
そしてエンジンを止めるだけでは減速が間に合わない場合があり、逆噴射マニューバー失速を招く危険な挙動である。

このため、大出力のジェットエンジンを用いる機体ではエアブレーキによる制動がほぼ必須の機能となっている。

関連:スポイラー ダイブブレーキ


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS