Last-modified: 2009-06-28 (日) 09:06:15 (2830d)

【イランゲート事件】(いらんげーとじけん)

1980年代のイラン・イラク戦争中、アメリカが極秘裏にイラン軍に兵器を売却し、その代金をコントラ(ニカラグアの反政府勢力)の支援にあてていた、とされる事件。
別名、イラン・コントラ事件。

1986年11月に発覚、当時のアメリカ大統領であるレーガン大統領の関与が問題になった。
ちなみに、このときにアメリカがイランへ売却したとされる兵器は、ホーク地対空ミサイルTOW対戦車ミサイル、AGM-12空対地ミサイルF-4D/Eファントム2F-5E/Fタイガー2F-14Aトムキャット等の予備パーツや飛行装具と言う不特定情報があるが、詳しい事は分かっていない。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS