Last-modified: 2017-03-06 (月) 02:33:25 (166d)

【アメリカ輸送軍】(あめりかゆそうぐん)

U.S.Transportation Command(USTRANCOM)

概要
創設1987年
所属国アメリカ合衆国
部隊編制単位機能別統合軍
兵種、任務、特性輸送戦力の統合運用
所在地スコット空軍基地(イリノイ州)

アメリカ合衆国の機能別統合軍の一つである。
兵站における戦略レベルでの作戦指揮を任務としている。

大型輸送機空中給油機輸送艦・補給艦や輸送車両とその運用部隊を擁する。
また、戦略物資を満載した輸送艦とコンテナ船10隻程度からなる「事前集積船団」を常に待機させている。
これらを組み合わせることにより、短時間での兵員・資材の大量輸送を可能にしている。

創設から現在に至るまで、司令官には代々空軍大将が就いている。

構成部隊

  • 空軍航空機動集団(Air Mobility Command,AMC)
    • 第18空軍(18AF)
      • 第15遠征機動任務部隊(15EMTF・旧メジャーコマンド「第15空軍」から縮小改編)
      • 第21遠征機動任務部隊(21EMTF・旧メジャーコマンド「第21空軍」から縮小改編)
  • 空軍予備役集団(USAF Air Force Reserve Command,AFRC)
    • 第4空軍(4AF)
    • 第22空軍(22AF)
  • 民間予備航空隊(民間会社の旅客機貨物機を有事に徴発するもの)
  • 海軍軍事海上輸送集団(Millitary Sealift Command,MSC)
    • 軍事海上輸送支援コマンド
    • 大西洋海上輸送兵站コマンド
    • 太平洋海上輸送兵站コマンド
    • 欧州海上輸送兵站コマンド(イタリア共和国・ナポリ所在)
    • 中央海上輸送兵站コマンド(バーレーン国・マナマ所在)
    • 東洋海上輸送コマンド(日本国・横浜所在*1
    • 海軍特務艦艇部隊(海洋観測艦・海洋監視艦・ミサイル追跡艦・ケーブル敷設艦などの支援艦艇を配備)
    • 特殊任務支援部隊
    • 洋上事前配備部隊(4個事前配備船隊・1個船隊はナポリ、残る3個船隊は横浜に所在)
    • 戦略海上輸送部隊
    • 即応予備船隊(運輸省所管の「国防予備船隊」隷下組織)
  • 陸軍配備流通コマンド(Military Surface Deployment and Distribution Command,SDDC)
    • 5個輸送旅団(第595輸送旅団〜第599輸送旅団)


*1 この部隊が駐留しているため、横浜港の一部区域は現在も日本に返還されていない。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS