Last-modified: 2017-02-23 (木) 20:53:06 (62d)

【アメリカ沿岸警備隊】(あめりかえんがんけいびたい)

United States Coast Guard(USCG)

アメリカ合衆国の海上警察機構(司法警察・沿岸警備隊)。
アメリカ政府管轄下の軍事組織であるが、国防総省の管理下にある空軍及び海兵隊とは異なり、アメリカ国土安全保障省が監督官庁となっている。
ただし、戦時においては大統領令によってアメリカ国防総省の指揮下に入る。

長官以下約42,000名の人員、「カッター」と呼ばれる大型巡視船?などの船舶・航空機多数を擁し、アメリカ各地に置かれた拠点*1をベースに以下のような活動に従事する。

  • 司法警察としての活動(主にアメリカ合衆国の排他的経済水域内。以下同じ)
    • 航行中の船舶内で起きた犯罪の捜査及び被疑者の拘束
    • 海上における防犯活動
    • 漁船の違法操業、密貿易、違法出入国、海賊行為などへの対処
    • 重要港湾や船舶の警備
  • 海上において起きた事故への対処
    • 事故船舶・航空機及びその乗員・乗客の捜索救難
    • 流出した汚染物質の除去
  • 海洋調査(海流・海底地形などの科学的調査及び観測活動)
  • 海上交通業務
    • 海図の作成
    • 灯台、航路標識、その他航法支援施設の設置・運営

関連:海上保安庁 SEALs

略史

本隊は、1790年8月4日に財務省の一部署として設置された「税関監視艇局」が前身である。
同局の創設が海軍よりも先*2であったことから「アメリカ合衆国最初の艦隊(United States First Fleet)」とも呼ばれている。*3

その後、1915年1月に救命局、1939年に灯台局を統合し、現在の沿岸警備隊の形となった。
第二次世界大戦後の1967年に運輸省が設置されると、沿岸警備隊は財務省から運輸省の傘下に移管された。
そして2003年3月、先の同時多発テロの教訓から国内治安組織の再編が行われたことを受け、新設された国土安全保障省の管轄となった。

方面部隊

海上保安部隊

保安方面管区名指揮本部担当地域
大西洋方面第1管区マサチューセッツ州ボストンニューイングランド各州
ニューヨーク州
北部ニュージャージー州
第5管区バージニア州ポーツマスペンシルベニア州
南部ニュージャージー州
デラウェア州
メリーランド州
バージニア州
ノースカロライナ州
第7管区フロリダ州マイアミサウスカロライナ州
ジョージア州
東部フロリダ州
第8管区ルイジアナ州ニューオーリンズ大規模河川など
第9管区オハイオ州クリーブランド五大湖周辺
太平洋方面第11管区カルフォルニア州アラメダカルフォルニア州
アリゾナ州
ネバダ州
ユタ州
第13管区ワシントン州シアトルオレゴン州
ワシントン州
アイダホ州
ワイオミング州
第14管区ハワイ州ホノルルハワイ州
第17管区アラスカ州ジュノーアラスカ州


航空基地所在地

保安方面管区名所在地
大西洋方面第1管区マサチューセッツ州ケープコッド
第5管区ノースカロライナ州エリザベスシティ
ニュージャージー州アトランティックシティ
第7管区フロリダ州クリアウォーター
フロリダ州マイアミ
ジョージア州サバンナ、プエルトリコ
第8管区テキサス州ヒューストン、コーパスクリスティ
ルイジアナ州ニューオーリンズ
アラバマ州モービル
第9管区ミシガン州デトロイト
ミシガン州トラバースシティ
太平洋方面第11管区カルフォルニア州フンボルトベイ、サクラメント、サンフランシスコ、ロサンジェルス、
サンディエゴ
第13管区オレゴン州アストリア、ノースバンド
ワシントン州ポートエンジェルス
第14管区ハワイ州バーバーズポイント
第17管区アラスカ州コディアック、シトカ


主要装備

階級

給与等級階級同原語NATO階級コード
士官将官O-10大将*4(Full) AdmiralOF-9
O-9中将Vice AdmiralOF-8
O-8上級少将Rear Admiral (Upper Half)OF-7
O-7下級少将Rear Admiral (Lower Half)OF-6
佐官O-6大佐CaptainOF-5
O-5中佐CommanderOF-4
O-4少佐Lieutenant CommanderOF-3
尉官O-3大尉Lieutenant (Senior Grade)OF-2
O-2中尉Lieutenant Junior GradeOF-1
O-1少尉Ensign
准士官*5W-42等兵曹長Chief Warrant Officer 4WO-4
W-33等兵曹長Chief Warrant Officer 3WO-3
W-24等兵曹長Chief Warrant Officer 2WO-2
下士官E-9沿岸警備隊最先任上等兵曹*6Master Chief Petty Officer of the Coast GuardOR-9
地域等最先任上等兵曹Master Chief Petty Officer of the Coast Guard Reserve Force
部隊等最先任上等兵曹Command Master Chief Petty Officer
最先任上等兵曹Master Chief Petty Officer
E-8上級上等兵曹Senior Chief Petty OfficerOR-8
E-7上等兵曹Chief Petty OfficerOR-7
E-6一等兵曹Petty Officer First ClassOR-6
E-5二等兵曹Petty Officer Second ClassOR-5
E-4三等兵曹Petty Officer Third ClassOR-4
E-3上等水兵SeamanOR-3
E-2一等水兵Seaman ApprenticeOR-2
E-1二等水兵Seaman RecruitOR-1
 

*1 日本にも東京の在日米軍横田基地に極東支部が置かれている。
  この他、かつては南鳥島・硫黄島・北海道浦幌町にロラン局、神奈川県上瀬谷と沖縄県慶佐次に通信所があった。

*2 これより先、英国からの独立戦争を戦った「大陸海軍」が存在したが、独立戦争終結と共に解散しており、現在のアメリカ海軍は1794年、連邦議会の決定により再設置されたものである。
*3 この歴史的経緯から、後に「沿岸警備隊は戦時には軍に組み込まれ、海軍の『第1艦隊』として活動する」という誤解が生まれる事になった。
  なお、海軍に実在した「第1艦隊」は1946年〜1973年まで太平洋艦隊の隷下で活動していた部隊であるが、第3艦隊に統合される形で廃止された。

*4 沿岸警備隊長官は大将が務める。
*5 1等及び5等兵曹長は置かれていない。
*6 別の訳語では「沿岸警備隊先任伍長」とも。職務は長官及び副長官への助言のみ。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS