Last-modified: 2016-03-22 (火) 12:02:09 (463d)

【アドルフ・ガーラント】(あどるふ・がーらんと)

Adolf Galland(1912〜1996)
第二次世界大戦時のルフトバッフェエースパイロットの一人。
終戦までに103機の撃墜戦果を記録した。
また、戦闘機総監などの要職を歴任していた(最終階級は中将)。

はじめはHe51?攻撃機パイロットであり、コンドル軍団?第88戦闘飛行隊第3中隊機長(3./JGr88)としてスペイン内戦?で大きな戦功を立てていた。
第二次世界大戦勃発後の1940年4月、本人の希望により戦闘機部隊に配属される。
ドイツのベルギー侵攻開始の3日後にハリケーンを初撃墜すると、たった1ヶ月の間に17機の撃墜を記録し、愛機のBf109Eに描かれた「ミッキーマウス」のエンブレムと共に全軍に名を轟かせる。
さらにバトル・オブ・ブリテンでは、戦闘航空団司令でありながら部下と共に出撃を続け、4月の初撃墜から7ヵ月後の11月には50機の撃墜を達成し、翌1941年6月には柏葉剣付騎士十字章をドイツ全軍で最初に受章。
12月には事故死した当時のトップエースウェルナー・メルダース?に代わり戦闘機総監に就任する。なお、この時点で撃墜数は94機。

要職である戦闘機総監のためしばらくは実戦から離れるが、非公式に出撃を数度行った上に撃墜もしたといわれている(非公式の出撃であるため撃墜とは認められていない)。

1945年1月、Me262He162?の運用方針を巡って空軍のトップであるへルマン・ゲーリング?元帥と対立し、戦闘機総監を罷免されてしまう。
その後はMe262を装備したJV44中隊を結成、各地のエースパイロットを集結した精鋭部隊を結成し、ドイツ本土の防空部隊として活動する。
しかし4月26日P-47により撃墜され脱出、負傷しそのまま終戦を迎えた。

戦後は2年間戦犯として服役した後、アルゼンチン空軍の招きにより空軍顧問に就任。
退職後はドイツに帰国して起業し成功を収める。
また、著作The First and The Last(日本語翻訳:始まりと終わり)は300万部が出版された。

映画「空軍大戦略」(1969年)にアドバイザーとして参加し、自身もBf109を操縦したと言われている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS