Last-modified: 2017-08-12 (土) 09:32:10 (69d)

【アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ】(あどみらるふろーたそびえつかばそゆーざくずねつぉふ)

Адмирал флота советского союза Кузнецо*1

ロシア海軍の重航空巡洋艦
艦名の由来は第二次世界大戦当時のソ連海軍総司令官ニコライ・ゲラシモヴィッチ・クズネツォフ提督。
アドミラル・クズネツォフと略記される事が多い。

ソ連・ロシア海軍ではプロイェークト1143.5重航空巡洋艦「ピャチョールカ*2」と呼ばれる。
アメリカ海軍以外の国の中では最大の航空母艦である。

計画・設計段階での艦名は「ソヴィエツキー・ソユーズ(ソビエト連邦)」。
1983年の起工時に「リガ(ラトビアの首都)」と改名され、1985年の進水式でさらに「レオニード・プレジネフ(当時のソビエト書記長)」と改名。
プレジネフ政権が倒れた折に「トビリシ(ジョージアの首都)」とみたび改名、ソビエト崩壊直前の1990年に現在の名称となった。

1984年、アメリカの偵察衛星がニコライエフ市の第444造船所にて建艦中であるところを発見され、世界に知られた。
西側では「クレムリン」のコード名で呼ばれ、原子力空母と推定されていたが、後に通常動力艦艇である事が発覚する。

仰角14度のスキージャンプ甲板を備え、発艦時にはスキージャンプを使用し、着陸時にワイヤーを使用するSTBAR方式で運用されている。
固定翼機48機および回転翼機12機の搭載が可能。
標準的な編成では以下の52機を運用する。

航空巡洋艦の分類通り、航空母艦には通常必要とされない重武装も施されている。

関連:Su-25 Yak-38

スペックデータ

排水量
(軽荷/基準/満載
43,000t/55,000t/67,000t
全長304.5m(飛行甲板)/281m(水線長)
全幅72m(飛行甲板)/38m(水線幅)
吃水線11m
推進方式蒸気タービン推進
主缶KVG-4型重油専燃缶×8基
主機TV-12-4型蒸気タービン×4基
スクリュープロペラ×4軸
出力200,000hp
最大速力29kt
乗員固有要員:1,980名(うち士官520名)
航空要員:626名
司令部要員:40名
武装P-700「グラニート(SS-N-19)」SSMVLS×12セル(ミサイル12発)*3
3K95「キンジャール(SA-N-9)」短SAM 8連装回転式VLS×24セル(ミサイル192発)
CADS-N-1「コールチク」CIWS×8基
AK-630 30mmガトリング砲CIWS)×6基
RBU-12000「ウダフ1」10連装対潜ロケット砲×2基(魚雷防御用)
艦載機Su-33艦上戦闘機×12〜15機
Su-25UTG艦上攻撃機×3〜5機
Ka-27PL/PS対潜/捜索・救難ヘリ・Ka-31早期警戒ヘリ×合計50機以上
レーダー「マルス・パッサート」3次元フェイズドアレイレーダー×4面1基
「フレガート-MA」3次元レーダー
ソナーオリオン 艦首装備式ソナー
プラーチナ 曳航式ソナー


同型艦

艦番号艦名主造船所起工進水就役所属艦隊備考
113アドミラル・クズネツォフ黒海造船工場
(ニコラーエフ)
1982.9.11985.12.51990.12.25黒海

北方
-ヴァリャーグ1985.12.61988.11.25-太平洋
(予定)
1992.3. 建造中止

1998.
中国に売却・改装
遼寧(リャオニン)
として就役


Aotsnk.jpg

Photo :ロシア海軍HP


*1 直訳すると「ソビエト連邦海軍元帥クズネツォフ」。
*2 ロシア語で「5番目の」や「5段階評価の5」という意味を持つ。
*3 ランチャーは潜水艦からの流用。発射時に垂直発射システムに注水する必要があり、実用性には疑問の余地がある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS