Last-modified: 2013-01-30 (水) 17:25:10 (1515d)

【アスピデ】(あすぴで)

Aspide(アスピデ)(イタリア語でマムシの事)
イタリア・シレニア社がAIM-7E-2スパローを基に開発した国産の中射程空対空ミサイル
1988年にイタリア空軍に配備された。

外見は、基となったスパローと同じだが、セレニア社製のモノパルス・セミアクティブレーダーシーカーを搭載したため、ECCMシュートダウン能力が向上したほか、ロケットモーターの高性能化により射程が延長されている。
主にイタリア空軍のF-104S及びF-104ASAに搭載されている。
輸出も好調でイラクやスペイン、リビアなど17ヶ国に輸出されている。

スペックデータ

全長3.70m
3.89m(アスピデ2000)
直径0.20m
翼幅1.00m
0.64m(アスピデ2000)
重量220kg
241kg(アスピデ2000)
推進方式固体燃料ロケットモーター
速度マッハ2.5
マッハ3(アスピデ2000)
射程50km
100km(アスピデ2000)
弾頭HE 破片効果弾頭
弾頭重量30kg
35kg(アスピデ2000)
誘導方式セミアクティブレーダー誘導

派生型

  • アスピデMk.1:
    セミアクティブレーダー誘導型。

  • アスピデMk.2:
    アクティブレーダー誘導型。AIM-120の導入により開発中止。

  • アルバトロス:
    アスピデを使用した個艦防空用SAMシステム。
    発射機は4連装と8連装の箱型発射機のほか、VLS型(バルバロス級フリゲート(トルコ海軍)に装備)がある。
    また、システムはベースであるシースパローへの変更も可能である。

  • スパダ:
    イタリアのアレニア・マルコニー・システムズ社が開発した全天候型防空ミサイルシステム。アラミスとも呼ばれる。
    システムはRAC-3D 3次元対空捜索レーダーを装備するレーダーシステム、対空目標の追跡や優先目標の指定、発射機への攻撃目標指定を行う管制室、6連装のミサイル発射機で構成され、各システムごとにモジュール化されているため、C-130クラスの輸送機で空輸可能である。
    発射機に搭載するミサイルにはアスピデMk1かアスピデ2000を選択できる。

  • スカイガード:
    エリコン・コントラヴェス社(現在はラインメタル社傘下)製の防空システム。
    システムは牽引式でGDF002 35mm機関砲を使用するが、発射機も追加可能で射撃統制システムにより統合運用が可能である。
    台湾などで採用されている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS