Last-modified: 2020-01-30 (木) 22:34:49 (237d)

【アスター】(あすたー)

ASTER.

イギリス・フランス・イタリアが共同開発した艦対空ミサイルシステム。
愛称はギリシア・ラテン語で星を意味する。

発射システムは専用のシルヴァーVLS
搭載するミサイルは個艦防御用の短SAMであるASTER-15、艦隊防御用の長距離SAMであるASTER-30の2種がある。
両者とも2段式の固体ロケット推進方式、有効射程はASTER-15が1.7〜30km、ASTER-30が3〜120km。
誘導方式はアクティブレーダー誘導。弾頭は10〜15kgの榴弾を採用している。

バリエーションとしてASTER-30を地対空ミサイルとして運用する「SAMP-T*1」型も存在する。
ミサイル8基を搭載した発射車両6両と指揮車両をもって運用部隊とし、A400Mなどの中型輸送機に搭載して輸送する。

スペックデータ

形式ASTER-15ASTER-30
種別短距離/中距離対空ミサイル長距離対空/弾道弾迎撃ミサイル
主目標航空機・空対地/地対地/巡航ミサイル
(ASTER-30は将来的にMDに対応)
全長2.6m
(ブースター含む)4.2m5.2m
直径18cm
(ブースター含む)32cm38cm
発射重量107kg
(ブースター含む)310kg510kg
射程1.7〜30km3〜120km
速度マッハ3マッハ4.5
飛行高度5〜10km50〜20km
弾頭HE 破片調整弾頭(10〜15kg)
推進方式2段式固体推進ロケットモーター
誘導方式慣性+艦上多機能レーダーからのアップリンクによる指令(中間誘導
アクティブレーダーホーミング終末誘導


主な搭載艦

  • イギリス
  • イタリア
    • 軽空母「カヴール」
    • アンドレア・ドーリア級駆逐艦(ホライズン(Horizon)計画艦)
    • カルロ・ベルガミーニ級フリゲート(2代目、多任務フリゲート(FREMM)計画艦)

  • フランス
  • サウジアラビア
  • シンガポール
  • ウクライナ
  • アルジェリア
    • ドック型揚陸艦「カラート・ベニ・アニス」(伊・サン・ジョルジョ級ドック型揚陸艦の準同型艦。)

  • モロッコ
    • フリゲート「ムハンマド6世」(仏・アキテーヌ級駆逐艦の準同型艦。)

  • エジプト
    • フリゲート「ターヒャ・ミスル」(フランス海軍向けに建造中のアキテーヌ級駆逐艦2番艦・D651「ノルマンディー」を購入したもの。)

バリエーション

  • アスター15:
    短距離個艦防空ミサイル型。
    「SAAM(Système Anti-Air Missile)」で用いられる。

  • アスター30:
    中距離艦隊防空ミサイル型。
    「SAMP/N*4(後にPAAMSに発展)」および地対空ミサイルシステムである「SAMP/T」で用いられる
    • アスター30 ブロック1NT:
      弾道弾迎撃ミサイル型。

    • アスター30 ブロック2:
      全面的な改設計型。
      2段式ブースターと運動エネルギー弾を組み合わせた。

  • アスター45:
    長射程型。実現せず。

  • アスター60:
    弾道弾迎撃ミサイル型。実現せず*5


*1 Système sol-air moyenne-portée terrestre.
*2 仏伊共同開発のミサイル駆逐艦。フランス語表記はProgramme Horizon、イタリア語表記はProgramma Orizzonte.
*3 仏伊共同開発の汎用フリゲート。イタリア語表記はFregata Europea Multi Missione、フランス語表記は:Frégates Européennes MultiMissions?.
*4 Système sol-air moyenne-portée naval.
*5 ただし弾道弾迎撃ミサイルについては、アスター30を発展させたアスター30ブロック1NTとして実現した。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS