Last-modified: 2020-11-01 (日) 10:42:39 (31d)

【アーチャー(戦車駆逐車)】(あーちゃー(せんしゃくちくしゃ))

Self Propelled 17pdr, Valentine, Mk , Archer(17ポンド自走砲型バレンタインMk.1 "アーチャー")

第二次世界大戦に開発・使用されたイギリスの対戦車自走砲(戦車駆逐車)。
バレンタイン?歩兵戦車のシャーシをベースに、砲塔のあった部分に背の低い単純な形状のオープントップ式戦闘室が設けられ、車体の後方へ向けて主砲が取り付けられた。
本車は低姿勢の車体と相まって、待ち伏せ兵器として威力を発揮した。

1943年中ごろから生産が開始され、1944年10月から実戦配備が開始、王立砲兵連隊によって運用され、主に西部戦線やイタリア戦線に投入された。
終戦までに655両が生産され、第二次世界大戦後はエジプト軍で運用され、第二次中東戦争では対戦車陣地の外周部に配置され、イスラエル軍機甲部隊に手痛い損害を与えている。

スペックデータ

乗員4名(車長、砲手、装填手、操縦手)
全長6.7m
車体長5.4m
全高2.25m
全幅2.76m
重量15t
懸架・駆動方式コイルスプリング式サスペンション(3輪ボギー式)
後輪駆動
燃料容量230L
エンジンGMC 6-71直列6気筒水冷ディーゼル(出力:131馬力)
Meadows Type 22 トランスミッション(前進5速 後進1速)
速度32km/h
13km/h(不整地)
行動距離140km
兵装オードナンス QF 17ポンド(76.2mm)砲×1門(弾数39発)
ブレン軽機関銃×1挺
装甲14〜60mm


派生型

  • 25ポンド自走砲型バレンタイン Mk. "アーチャー":
    アーチャーの主砲をオードナンス QF 25ポンド野戦榴弾砲に変更した型。
    アメリカからM7「プリースト」105mm自走榴弾砲が供与されることになった事と「セクストン」25ポンド自走砲が開発されたため、量産化されず試作のみ。

  • 17ポンド砲用/25ポンド砲用弾薬運搬車型:
    主砲を搭載せず、その分弾薬の搭載量を増加させた型。構想のみ。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS