Last-modified: 2017-03-13 (月) 13:49:26 (106d)

【アーセナル・シップ】(あーせなる・しっぷ)

Arsenal ship.(兵廠艦)

1980〜1990年代、アメリカ海軍が構想していた水上艦の一形態。

その主たる特徴は、艦のペイロードミサイル格納庫にほぼ全て占有されている事である。
レーダーソナー・光学センサーといった偵察装備を極限まで省き、情報は全て艦隊データリンクに依存している。
兵器の貯蔵と発射だけに専念し、艦隊の打撃戦力として展開するものとされた。

この極端な設計思想の背景には、空母の大型化に伴う金の壁の問題があった。
航空母艦エビエーターの損失を避けるために、代替可能な要素はミサイルへ置き換える事を企図していた。
しかし、ドクトリン改定を試みるうちに様々な課題が浮き彫りとなり、建造は見送られた。

ドクトリン上の欠陥

アーセナル・シップは電害を受けてC4Iが途絶した時点で、その戦術/戦略的価値を喪失してしまう。
つまり、実戦に配備する場合、艦隊には電子戦対応艦艇が数隻は必要になる。
また潜水艦対策のための対潜機や、飽和攻撃への対策として独自の索敵能力を持った護衛艦も多数必要になる。

アーセナル・シップの存在によって要求されるこの艦隊編成は、二つの点で問題がある。

第一の問題は、高価格な電子装備を大量に搭載する事による、艦隊の調達・保守管理コストの高騰である。
これは空母打撃群と比してさえ経済的であるとは言いがたく、コスト削減という主目的にそぐわない。

第二の問題は、防御のため多数必要とされる護衛艦はほぼ例外なく垂直発射システムを備えたミサイル艦である、という事実である。
多数の護衛艦が迎撃・応戦のためにミサイルを搭載するのだから、艦隊単位でミサイルの残弾が枯渇する可能性は低い。
とどのつまり、巡航ミサイルによる打撃力は護衛艦隊のみで十分満たされるのだ。

要目(計画値)

船型2重船殻のタンブルホーム型
満載排水量約20,000t
速力22ノット
乗員50名(うち25%は女性を想定)
兵装VLS 約500セル
スタンダードSAMESSM短SAM、トマホーク巡航ミサイルを搭載)
※上記以外にMLRSと5インチ砲を装備する計画案もあった
艦載機なし。連絡用ヘリポートを備えるが機体整備は想定外。

補遺


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS