Last-modified: 2017-07-07 (金) 17:56:37 (163d)

【あぶくま】(あぶくま)

  1. 大日本帝国海軍・長良型?二等(軽)巡洋艦6番艦「阿武隈」。
    大正時代に八八艦隊計画の一環として建造された、いわゆる「5500トン級」軽巡洋艦の一艦。
    1921年12月8日に浦賀船渠で起工、1923年3月16日に進水したが、艤装中に関東大震災によって造船所が被災したために完成が1年以上遅れ、1925年5月26日に就役となった。
    大東亜戦争の開戦当初、第1水雷戦隊旗艦として南雲艦隊の空母を護衛し、真珠湾攻撃ミッドウェー海戦等に参加している。
    その後、キスカ撤収作戦?に参加し、レイテ沖海戦で戦没する最後まで第1水雷戦隊旗艦として活躍した。

  2. JMSDF DE ABUKUMA class
    1980年代に計画された地方隊向けの小型護衛艦護衛駆逐艦)。
    平時には哨戒・警備任務を、有事に想定される艦隊戦においては、初動における敵艦隊の足止めと主力艦隊が到着するまでの前哨防護戦闘(可能であれば戦闘終了後の残存艦艇掃討)を受け持つ。

    兵装には、前級であるいしかり型?ゆうばり型?では重量の関係で搭載されなかったアスロック高性能20mm機関砲CIWS)、ハープーンSSMなど、強力な兵装が搭載され*1、加えてECM機能をもつ電子戦装置の搭載や海軍戦術情報システム(NTDS)への対応など、電子装備は当時の護衛艦隊所属艦と遜色のないレベルまで強化されており、基準排水量2,000tと小振りながらも、同時期に整備されていた「はつゆき」「あさぎり」級に匹敵する戦闘力を備えている。

    1988年から1991年までに6隻が建造され、各地方隊に配備されたが、2008年3月の組織改編*2で護衛艦隊に組み込まれ、現在も第一線で活躍している。

    スペックデータ
    艦種護衛艦(DE)
    全長109.0m
    全幅13.4m
    吃水3.8m
    排水量
    基準/満載
    2,000t/2,900t(推定)
    機関CODOG方式
    川崎 スペイSM1Aガスタービン×2基
    三菱S12U-MTK 4サイクル直列12気筒ディーゼル×2基
    推進器×2軸(260rpm)
    機関出力13,500shp(SM1A)
    5,000shp(S12U-MTK)
    計27,000shp
    電源川崎M1A-02 ガスタービン主発電機×1基(1,000kW)
    ディーゼル主発電機×2基(500kW)
    非常用ディーゼル発電機×1基(300kW)
    最大速力27kt以上
    航続距離5,624海里(18ノット巡航時)
    乗員120名
    兵装オート・メラーラ 62口径76mm単装速射砲×1門
    74式アスロック8連装SUM発射機×1基
    4連装SSM発射筒×2基(RGM-84を装備)
    高性能20mm機関砲CIWS)×1基
    Mk.31 RAM GMWS近SAM発射機(計画のみ)
    68式3連装短魚雷発射管(HOS-301)×2基
    艦載機着艦・運用設備なし。
    ヴァートレップ*3・HIFR*4のみ可能。
    C4IシステムMOF*5システム(SUPERBIRD-B2衛星通信)
    海軍戦術情報システム
    OYQ-7戦術情報処理装置+リンク11
    FCSFCS-2(FCS-2-21B)砲FCS×1基
    レーダーOPS-14C?対空レーダー×1基
    OPS-28C対水上レーダー×1基
    OPS-20?航海用レーダー×1基(4番艦「ちくま」以降のみ装備)
    ソナーOQS-8?中周波ソナー
    戦術曳航ソナーシステム(TACTAS)(計画のみ)
    電子戦・対抗手段NOLQ-6C ESM装置
    OLT-3 ECM装置
    Mk.36 SRBOC対抗手段展開システム
    (Mk.137 チャフフレア発射機×2基)

    同型艦
    艦番号艦名主建造所起工進水竣工所属
    DE-229あぶくま
    (JS Abukuma)
    三井造船
    玉野事業所
    1988.3.171988.12.311989.12.21護衛艦隊第12護衛隊
    (呉基地)
    DE-230じんつう
    (JS Jintsu)
    日立造船
    舞鶴工場
    1988.4.141988.1.311990.2.28護衛艦隊第13護衛隊
    (佐世保基地)
    DE-231おおよど
    (JS Oyodo)
    三井造船
    玉野事業所
    1989.3.81989.12.191991.1.23護衛艦隊第15護衛隊
    (大湊基地)
    DE-232せんだい
    (JS Sendai)
    住友重工
    追浜造船所
    浦賀工場
    1989.4.141989.1.261991.3.15護衛艦隊第14護衛隊
    (舞鶴基地)
    DE-233ちくま
    (JS Chikuma)
    日立造船
    舞鶴工場
    1991.2.141992.1.221993.2.24護衛艦隊第15護衛隊
    (大湊基地)
    DE-234とね
    (JS Tone)
    住友重工
    追浜造船所
    浦賀工場
    1991.2.81991.12.61993.2.8護衛艦隊第12護衛隊
    (呉基地)


*1 加えてRAMが後日装備とされていたが、現在に至るも搭載されてはいない。
*2 この改編で、地方隊の保有していた水上艦部隊がすべて護衛艦隊の指揮下に組み入れられた。
*3 VERTREP:Vertical replenishment.
*4 Helicopter In Flight Refuling.
*5 Maritime Operation Force:海上作戦部隊指揮管制支援

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS